TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

30kg Overのオオニベ捕獲!

2011年 5月 7日 16時頃

5月7日、大潮。早朝、船釣り専門船「みくに丸」(佐賀関神崎漁港)は、馬場ノ瀬のヒラメ狙いへ向かった。4月中は沖にヒラメのエサとなるベイト(小魚)が少なかったせいか釣果が奮わなかったが、5月に入ってからは海水温が上昇し、魚の数とその動きが活発化している。今日こそ、ヒラメ釣りの開幕を宣言したい所であるが…。

ヒラメのエサとなる活きアジを充分に確保し、ポイントに到着。釣り人達は活きアジをハリに掛けて、次々に仕掛けを海中へ投入する。開始してから間もなく、ヒラメのアタリが連発し、1〜2㎏級主体にポツポツと上がり続ける。釣果には結び付かないアタリも多く、4月に比べると格段に状況が良くなっているようだ。お昼前にヒラメのアタリが止まって一段落していると、金谷さんの竿がいきなり引ったくられる! 猛烈なパワーに引かれて、電動リールからジージーと止まること無くPEラインが吐き出される。電動リールの表示は100m を越えたが、幸運にも瀬切れすることはなかった。魚の引きが収まった所で、金谷さんはヤリトリを開始。凄まじいパワーをいなしながら、時間を掛けて取り込んだのは、驚異の145㎝、20㎏量りを振り切る大ニベであった(推定30㎏超)。

海には大魚のロマンがある。だから、釣りを止められない!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード