TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大アジシーズン到来!

2011年 5月 15日 13時頃

5月15日、中潮。早朝、船釣り専門船「釣吉丸」(大分市家島)は、アジ狙いへ向かった。強風の続いた前日までの釣行は、近場の数釣りポイントでの竿出しであったが、この日は久しぶりの凪ということで、沖のデカアジポイントへ。

現地到着し、竿出し。下げ潮の流れが速かったが、船長の話では、「お昼頃にはもっと速くなるから、早い時間から真剣に狙って欲しい」とのこと。オモリカゴが着底すると、すぐに竿を煽ってジャンボをバラ撒く。潮の流れに合わせて糸を送りながらアタリを待つ。ラインの角度がきつくなったので、仕掛けを回収する。潮の流れの速い時はいつもよりも速く仕掛けを打ち返すのが、釣果アップのコツ。その理由は大きく2つ上げられる。(1)仕掛けを流し過ぎると、お祭りの原因になる。(2)潮が速いとマキエがすぐに流されるので、サビキとの同調時間が少なくなる。それゆえ、手返しを多くすることで、同調時間を稼がなければならない。

さて、速い流れを我慢して仕掛けを打ち返すと、コツコツと穂先を揺らすアタリを捉える。電動リールの巻上げスイッチをオン、慎重にアジを浮かせると、海面近くに大きな、大きなアジの魚影が! すぐにでも振り上げたいが、アジは口が柔らかいので、口切れしやすい。タモを差し出して、手にしたのは45㎝級! その後も順調にアジが釣れ続けたが、潮がどんどん加速し、上手く仕掛けを流せなくなったのと、竿頭は軽く20本を超える釣果を上げたので、午前11 時に早めの納竿をしたのであった。竿頭が使用したサビキはハヤブサ「一押しサビキ/関アジ関サバ/ツイストスキンケイムラレインボー/4ー4ー6」。紫外線の吸収により発光するケイムラ塗料にとって、この日の快晴が有利に働いたのかもしれません。なお、普段は蓄光系のサビキが、「釣吉丸」スタッフのオススメでした。サビキのサイズについては「4ー4ー6」が基本だが、「3ー3ー5」の方が断然食い込みがよい。しかし、仕掛けが細い分だけ傷むのも早いので、早め早めの交換が必要です。

大型アジの数釣りで笑顔がいっぱいの「釣吉丸」からのレポートでした。

取材協力/釣吉丸TEL090・3011・3054

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード