TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

5月20日、三隈川水系アユ解禁!!

2011年 5月 20日 12時頃

5月20日、晴れ。オーナーばりフィールドテスターの福蔵博さんは、玖珠川で今年の初アユ釣りを行った。近年の三隈川水系の解禁日は竿頭は3ケタが当たり前、当然福蔵さんもそれを目指して川に入ったのだが…。「水が少ないのと冷たいのが重なったせいか、アユの追いがほとんどないですね」(福蔵さん)。

福蔵さんはオーナーばり新商品の掛けバリ「キメラ」6号を4本イカリで使用する。囮をそっと送り出して、瀬肩の底石の周りをなぞる様に囮をコントロールすると、目印に微かな変化。それを見逃さずに長竿を起こすと、竿の上部がグーンと曲線を描く。竿の力で囮が海面を割ったと同時に、20㎝大の野アユを抜き上げたのであった。その後も順調に数を重ねて、夕方までに50尾を越える釣果を上げて納竿。

「追い気のない時は、普段よりも注意深く目印の変化に気をつけなければなりません。オーナーばりの『キメラ』は軽くてハリ先が鋭いので、シーズン初期の追い気のないアユに対して、特に効果的であると実感しました。口掛かりや顔掛かりしても、バレ難いハリですね」(福蔵さん)。シーズン初期のアユ釣りの必須アイテムの登場ですね!

キメラ オーナーばり

2年もの歳月をかけ試作、実釣テストを繰り返し、水中でのバレの様子などを確認しながら導かれた形状。特に初期から中期の追いがそれほど活発になっていない若アユにはその軽さとハリ先の鋭さで、攻撃的なハリ掛かりを見せ、口掛かりや顔掛かりが多発するような追いの弱い時にも抜群のキープ力がある。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード