TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

乗っ込みアジ、数釣り好釣!

2011年 5月 25日 13時頃

5月25日、小潮。大分沖ではアジの回遊が活発化し、船のサビキ釣り愛好家にとって最良の季節を迎えている。アジ釣り愛好家の一行を乗せて、船釣り専門船「ひろみ」(大分市住吉)はアジ狙いへと向かった。早朝のポイントは潮の案配が悪く、釣果を伸ばせず。そこで「ひろみ」船長は思案の末、「今から沖へ移動してもお昼過ぎの潮止まりまで、アジを充分に釣ることができる」と判断し、ポイント移動を決断する。しばしの船旅の末、目的の釣り場に到着。竿出しするとすぐに、1投目から40㎝超の大型アジがヒットし、午後12時に納竿するまでそのアタリが間断なく続いたのであった。

「全員がクーラー満タンの釣果を上げましたね。釣れているアジの型が大きいので、サビキのサイズは『5ー5ー7』がオススメです。ミックス系のサビキで様子を見て、釣れたらハリの種類を確認して、蓄光系などに交換するのが釣果アップの秘訣ですよ! 大型アジは卵を持ち始めて、非常に美味しくなっています。夜明けが早くて外が過ごしやすい、釣りには絶好の季節ですよ」(「ひろみ」船長)

写真提供:ひろみ TEL090・3733・1162

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード