TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見湾内:年無しダブルヒット

2011年 5月 25日 14時頃

5月25日、小潮。「行くべきか、行かざるべきか…」梅雨グロが絶好釣との噂の鶴見の沖磯は前線のウネリの影響で、上礁不能らしい。とはいえ、次の休みは台風2号の真っ只中…。そうだ、鶴見湾内へ行こう!

早朝、「丹賀の赤岩」に上礁。エサ盗りの多い鶴見湾内では、遠投釣りが必須条件! ということで、11・7gで潮乗り抜群の釣研ウキ「スーパーエキスパートUE/0C」をチョイス。足元には予想通りにコッパグロ、スズメダイなどのエサ盗りが大量発生、足元へ大量のマキエを打ち込んで引き寄せてから、30m沖にマキエを2ハイ打ち込んで仕掛けを投入。30mの大遠投とはいえ、「スーパー エキスパートUE」の大きなフォルムと鮮やかなスカーレットカラーのおかげで視認性がかなり高い。

潮に揉まれながら徐々に馴染むウキを目で追っていると…、キュンッと海中へ急降下すると共に、道糸が手元から弾け出る! バシッとアワセると同時に、竿が根元から撓る…。これはデカイぞ! 沖への逃亡を諦めた魚は、一気に手前へ走り出す。リールを高速で巻き込み再び竿をためると、魚は遂にスタミナ切れ。タモ入れしたのは、52㎝の年無しチヌであった。幸先のよい出足、今日はチヌ日和と思ったのも束の間、その後はコッパグロの群れがわんさか。そこで、午前9時過ぎに「トギレ」へ瀬替わりした。

「トギレ」では本命の上げ潮の流れが逆潮で、沖では魚の反応が無くなった。かといって手前を狙えば、エサ盗りの猛襲…。しばらく、潮待ちするしかないのか? 沖に変化が現れた時に深く深く探って行くと、スウッーと道糸が引き出されてアワセ、スリル満点のヤリトリの末に上がって来たのは。50㎝ジャストの、またもや年無しであった!

この日の釣果はチヌを3枚に、コッパグロを多数。チヌの釣果はいずれも遠投でした。エサ盗りの多い時の遠投釣りに、「スーパーエキスパートUE」がオススメですよ。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード