TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

津久見島沖の舟掛かり

2011年 6月 1日 14時頃

6月1日、大潮。連載が終わったばかりですが、よい釣果が上がったので、ここでご報告させて頂きます(連載中に釣れれば良かったのですが…)。午前5時、津久見島沖の舟掛かり釣りを開始。私はいつものようにフカセで狙います。マキエを打ち込んで仕掛けを投入して、潮に乗せてガンガン流すと、勢いよく糸が弾け出ます。なかなかの引きを楽しんで上がったのは、今時期は最高に美味しい、金ピカの臼杵アジです。1投毎にアタリが連発し、25〜35㎝ 級を次々に釣り上げます。午前9時前には20匹を超えて、クーラーの底が見えなくなりました。その頃からアジのアタリと、潮の動きが止まってしまいました。しばらく仕掛けを打ち返しましたがアタリが全くなくなり、ツケエも残る様になりました。

午後1時過ぎ、潮止まりから上げに替わった瞬間、糸を引っ張らないが穂先がもたれるアタリを捉えました。不思議に思いながらもアワセを入れると、思いの外に想像以上の重量感です。「カンダイか?」と思いながら竿を起こすと、糸をギーギーと引っぱり出し、その勢いの止まる気配を感じません。

「カンダイなら、爆発的な推進力があるが長くは引っ張らないはず。これは…、マダイだ!」そう判断した瞬間、ベールを起こして糸をフリーにして送り出します。糸がドンドン沖へ引っ張られ、スプールの溝がもう少しで尽きそう…。ドラグを手で押さえながらベールと竿を起こします。グワーンと大きくしなる竿、そのテンションを保ちながら少しずつ寄せて行きます。ここでは舟掛かり釣りに付きものの海中のロープが極めて少ないので(船を係留するロープだけ。他では養殖イケスのロープが多い)、無理をしなければ、大型マダイを穫れる確率が高いのです。無理をせずに時間を掛けて釣り上げたのは、71㎝の大型マダイでした。

アジにマダイと、今年最高の釣りを楽しむことができました。津久見島沖では今後も、大型マダイが頻発しそうな雰囲気ですよ!

幸司・記

取材協力:月見島観光 TEL0972・66・5555

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード