TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

名礁・横バエ、40cm超連発!

2011年 6月 9日 12時頃

6月9日、小潮。松岡さん一行は「三幸丸」(蒲江猪野串)で、「横バエ」に上礁し、夜明けから竿出し。前夜のウネリが収まり、海のコンディションは良好、一投目から、大きなアタリを捉えるが痛恨のチモト切れ。オナガの登場を確信し、ハリを飲まれない様に浅ダナ設定にして(2ヒロ)、仕掛けを打ち返す。しかし、オナガの回遊はその一発のみ。オナガを一時断念し、仕掛けを潮目に深く潜らせて、深島で最近頻発中のイサキを3枚釣ってお土産を確保してから、再びオナガを狙うことにした。

ゆっくりと上げ潮が流れており、潮加減は悪くない。しかし流れの中にツケエを送り込んでも、沈み瀬周りの際付近を狙ってもオナガどころか、口太のアタリさえない。前日は釣れたらしいが、深島は日ムラの激しい釣り場だ。今日は外れ潮だったのかも…。一抹の不安を覚える松岡さんであったが…。お昼前、最満潮から下げに替わると、サラシの払い出しの切れ目で、マキエを拾うクロの姿が! マキエを打ち込んでから仕掛けを投入、仕掛けが馴染んだと同時にいきなりウキが視界から消えて、手元に衝撃が走る。足元へ何度も突っ込むのを糸を出さずに応戦。海面に浮かび上がったのは40㎝級口太であった。その後は35㎝までの口太が矢引から1ヒロのタナで入れ食いし、潮が切れると40㎝超の大型口太もヒット!

「オナガの交じる時期なので太めのラインをチョイス(道糸2号&ハリス1・75号)。時期がまだ早いせいか、オナガらしきアタリはほとんどありませんでした。ラインの太さが気にならない程口太の食いが活発で、いよいよ梅雨グロシーズンが到来しましたね」(松岡さん)。深島の状況について、「三幸丸」船長に話を聞いた。「今年は4月に一時的に食いが渋くなっただけで、クロの食いがずっと良いですね。夜釣りのイサキはいい人で大小交じりで2ケタ、オナガのアタリは日増しに増加しているようです。日中釣りの方は、暑さ対策を万全に釣行して下さいね」。

梅雨グロの本格化した深島へ、釣行しませんか?

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード