TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

津久見ビッグホールセンター釣行記

2011年 1月 6日 12時頃

6月6日、中潮。例年より早く梅雨入りし、釣り師にとって最も皮肉な季節がやって来ました(泣)。梅雨の合間の曇り日となったこの日、久々に長目半島にある「ビックホールセンター」へ向かいました。メインは、カワハギ釣り。それに置き竿でフカセチヌもやっちゃいました。相棒のしんちゃんと朝7時に浦代港を出発。カワハギのメイン釣り場である左手側に陣取ります。フカセ用のマキエは沖アミ生3 角につりまん「乱舞探りチヌ」+「チヌの舞ホワイト」+「低層チヌ」を念入りに練り合わせたもの。カワハギ用のツケエはゴカイとアサリをメインにムキ身、沖アミを準備しました。タックルは細かいアタリが取れる様にティップが柔らかい竿がベストですが、エギング竿(この日は8・2ftを使用)でも十分です(オモリはナス型5号)。

早速フカセの仕掛けを作って置き竿にし、カワハギ仕掛けで釣り開始。低層を狙うべく、底を取った後から約1〜2m巻き取り、タタキで伺ってみます。若干食いが渋いものの、幸先良く本命の小型カワハギをゲットン。ここは外道が比較的少なくゴカイへの反応が非常に良いので、ゴカイは必ず準備しましょう。

ここでのカワハギ釣りで特徴的なのが、カワハギが群れで回遊しており、序盤は良型が釣れるけど次第に型が落ち、次の群れが入るまでは型が落ちてしまうということ。それでも魚影が濃いのは確かで大体2ケタは釣れるし、上手な人であれば30匹以上は仕留められるはずです。そんな感じで朝方は潮止まりに限らずぼちぼち釣れ続け、午後からは本命の右流れが底潮で強く流れ出すもののカワハギの食いが落ち、アタリが途絶えました…。それからはフカセ釣りに集中。手の平から足の裏のマダイが散発的にアタる中、昼前に合流したセイジ君が待望の良型らしきアタリを捉えますが、残念にも小型のキビレでした。

この日、私としんちゃんは竿2本強からの半遊動沈めで、セイジ君は5Bの半遊動でしっかり底取りし、その1m上を狙っていたようです。しばらくすると、再びセイジ君がアタリを捉えます! 今度は間違いなく良型を思わせる程、竿が気持ちよく弧を描いています。無事タモに納められたのは、なんと年無しサイズのチヌでした。私も置き竿に二度程アタリがありましたが、一度目は惜しくもヤリトリ中にハリス切れ。もう一回は恐らくチヌと思うが、アワセた時にハリ外れをしてしまいました。結果、セイジ君が50㎝級のチヌとキビレ、私としんちゃんはカワハギを20枚以上釣り、ゆっくり楽しい休日をビックホールセンターで過ごせました。段々イカダ周りにも大型のチヌが見られる様になり、これからも楽しめそうな雰囲気です。足場も良いので、ぜひ家族連れの方も出掛けてみましょう♪

小出仁志・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード