TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

梅雨の合間にようやくアユ釣りin 奥嶽川

2011年 6月 22日 20時頃

「いいかげんアユの友釣りに行きたい!」と、翌日のお休みに川に入れるかどうか、大野川の様子を見に行ってみました。水量が多いのはしょうがないにしても問題は濁りですね。夕方、川見に行った時には笹濁り強! それでも平成大橋や原田橋の様な川幅が広く平瀬が多いポイントでは、水の色もやや落ち着いて見え、何とか出来そうな雰囲気です。天気も久しぶりの晴れマーク! 水位が下がることを祈って大野川に釣行決定!

6月22日、晴れ。当日、朝はゆっくり出発。囮アユを購入するためお店に寄ると、大野川は再びコーヒー牛乳色になっていると言うではありませんか! 諦めかけましたが、それでも川を見るまでは納得いかず、囮を持って川沿いに車を走らせると…、やっぱり濁っていました(涙)。上流域での夕立が原因だと思われますが、水位は全くと言って良いほど前日と変わっておらず、これは奥嶽しかない! ということで、川を見ながらのんびり支流へ向かいました。

奥嶽に着くと濁りは一切無く、水位も増水時に比べると、だいぶ落ちついてきている様です。とにかく、久しぶりに竿を出せるのが本当に嬉しかった! 十分に日が高くなって、気温もぐんぐん上がって来ています。大急ぎで着替えを済ませ、汗びっしょりになったところで奥嶽の清流にザブン! 最高に気持ちが良い瞬間〜! しばらく囮缶と一緒に浸かって、涼しくなって来ました。もう新苔が付いているかどうか、囮を入れて追うアユがいるかどうかは半信半疑ですが、降りついた鉄橋真下から少し上の平瀬ポイントへ。流芯には大きい石も点在しているし、増水後の残り苔もヘチ際の新苔も両方狙えそうな好ポイントです。

まずはヘチ際の緩い流れから囮を入れて泳がせてみますが、なかなか反応がありません。1尾目の囮に元気があるうちにと思い、すぐにオモリを打って流芯の大岩付近に狙いを変えると…、ガツン! 少し白っぽいですが、薄っすらと追星のあるアユが背掛かりしてくれました! 最高です! それから、同じ筋でポロポロと、さらにはなかなかの良型アユもお出ましで、良い意味で期待を裏切ってくれた奥嶽のアユ掛け釣行となりました!

6月中は梅雨前線や台風の影響で、まともに川にすら浸かることが出来なかったんですが、諦めずに奥嶽まで来て、良かった〜! 晴れた日に、みんなでワイワイ清流でアユ掛け! 次はいつになることやら〜。そろそろ梅雨、明けてほしいですね〜!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード