TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

「釣っちゃ王」で釣っちぇえ!

2011年 7月 9日 14時頃

7月9日、小潮。午前8時の釣り開始の合図と共に、多数の釣り人がイケスの中央を目がけて、一斉に仕掛けを投入する。イケスの中央に集まったウキの中で、まずはどれが反応を示すか?1日の中で最大の時合いを前にして、釣り人達はその瞬間を逃さぬよう、食い入る様にウキを見つめる。1つの棒ウキがボコンと吸い込まれると、記者の正面で竿を構えていた釣り人が、鋭いアワセを入れる。竿が湾曲し、それに合わせて釣り人がリールをゴリゴリと巻き込むと底から離れまいとしていた魚が、左右にグルグルと回り始める。青物の登場だ! 周囲の釣り人達は仕掛けの回収を終えており、これで余分なトラブルもなく、釣り人は魚と向き合えそう(青物が掛かった場合、仕掛け絡みの防止のため、同じイケスの釣り人は仕掛けを回収せねばならない)。時間を掛けて浮かせると、イエローテールが海面を飛び出して来た。釣り人の横で待機していた「釣っちゃ王」スタッフが、大ダモを片手に竿の誘導方向をアドバイス。釣り人が足元に寄せた瞬間に一発ですくい上げる。初めての大物に手足の震えが止まらない釣り人であった。

「今が一番、魚の食いがよい時間帯だから、すぐに打ち返して」との隣りの常連さんのアドバイスに従って、慌てて仕掛けを打ち返す。そんな感じで早朝の30分間はヒラマサ、マダイ、カンパチ、シマアジなど、すべての魚が各所で頻発。魚のアタリが落ち着くと、今度はあの手この手と思案せねばならない。

①タナの上下4ヒロ半から始める。魚の食いのない時は、30㎝ずつ浅くしたり、深くすること。なお、魚が見える時は思い切って浅くするのが効果的な場合もある(3ヒロ程度)。

②ツケエのローテーションツケエはネリエ(釣っちゃ王で販
売する「生ミック」や、マルキュー「イワシだんご」)を基本にキビナゴ、沖アミの生、虫エサをローテーションする。イケスの魚の当たりエサは日替わりなので、最低でも3種類以上を準備しておきたい。

③ツケエを動かす魚の食い気のない時は、ツケエを動かすことで魚を誘いたい。なお、居食いしている時は、リアクションバイトすることも期待できる(居食いすることが多い)。

夏休みの家族釣りにオススメの、「かまえ海上釣り堀 釣っちゃ王」からのレポートでした。

取材協力/かまえ海上釣り堀 釣っちゃ王

予約受付TEL080・2690・9347

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード