TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

天然ウナギを釣りたい

2011年 7月 20日 11時頃

7月20日、中潮。今日はウン十年振りの川釣り。狙いはズバリ、天然ウナギです! 川魚ではアユとウナギが好きだという山ノ神に、明日の土用の丑の日に蒲焼を供するのです(毎度の釣行の際、気持ちよく送り出してくれることへの感謝です)。さて、ウナギ釣りですが、釣り方は子供の頃やったぶっ込み釣り。エサはどこにでもいるミミズ。これだけの知識や経験では何とも心もとないので、今流をインターネットで調べることにしました。「ウナギ釣り」で検索すると、あるある。天然うなぎの釣り方、エサ、釣れる時間帯、濁りの度合い。さらには、捌き方、焼き方、タレの作り方まで…。便利な時代になったものだ。で、にわか仕込みのウナギ釣り名人&調理人の誕生です。

ところで、肝心要の釣り場。川添で単2サイズを好釣したという情報はあったものの、詳しいことは何も分かりません。そこで、近くの大分川よりは魚影が濃いと思われる大野川へ。それも、すぐ傍まで車が入れる白滝橋付近に行くことにします。薄暮時、適当な場所を見つけて三脚をセットし、釣り座とします。程よく濁った水がかなり勢いよく流れています。なので、オモリは20号の遊動式。ウナギバリ12号を結んで、仕掛けの完成です。エサのミミズは野性味溢れるドバミミズ。扱うのは苦手ですが、美味この上ない天然ウナギの蒲焼を思いつつ、エサ付け(かなりの難業)に挑みます。投入するポイントは、流芯を外れて流れが少し緩くなっているところ。上下流側にそれぞれ1本ずつ、ドボン、ズボッと投入します。ドボン、ズボッという音の違いは、多分水深が異なるから。

ラインを張って、さぁ、いらっしゃい! 竿先を見つめ、アタリを待ちます。早速、上流側の竿先に変化が。クンクンとお辞儀をします。しかし、何とも軽い感じです。ウナギではないなーと思いながらアワセを入れます。すると、グッと重みを増し、巻き取る手に何やらかなりの抵抗感が伝わってきます。「ん、ウナギか?」と思いきや、水面に出てきたのは体長40㎝余りのイダでした。残念!

2つ、3つとお呼びでないイダの魚信が続き、カマツカまで釣れました。ウナギが釣れるのは日没後、せいぜい2時間くらいとのこと。なので、めげずに頑張ります。新鮮なエサの方が食いがいいのは当然のこと。せっせとエサを付け替えます。エサ付けする手元に明かりが欲しくなるのに伴い、ぼゎーっとしていたギョギョライトの明るさが増します。時間は過ぎて8時前。信じる者は救われる。下流側の竿先が大きく2度お辞儀しました。大慌てでアワセを入れて、巻き取りにかかります。これまでとは一味違う感触です。「むむ、待望のウナギか?」ようやく単3サイズのうなぎをゲットしました。

その後、辺りはすっかり暗くなり、ギョギョライトの明かりも一段とくっきり。見やすくなったなあーと思っていたら、ギュンギューンと竿先を押さえつけるようなアタリ。先ほどより良型を予感させます。案の定、今日一番の良型(単2大)でした。薄暮時から9時過ぎまで釣りましたが、アタリがあったのは8時前から9時までの約1時間。この間に4本のウナギをゲット。これは、上出来です! もちろん、サイズは時の運。ウナギって釣れるんやと実感した上に釣りの原点を思い出させてくれたようで、心の底から大きな喜びが込み上げてきた楽しい楽しい釣行でした。やっぱ、釣りはいいわ!!

HN /ぎょ魚タイ2・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード