TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 宮崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

宮崎北川へ今年2度目のアユ掛かり

2011年 8月 25日 13時頃

8月25日、雨。今年初めての北川釣行は、今回のちょうど一週間前でした。その時に掛かったアユの美しさにとても感動し、機会があればまた行きたいと思っていたので、今回も増水の影響もなく竿が出せたのはラッキーだったと思います! 朝7時過ぎ、日釣り券をコンビ二で購入し、さっそくポイントとなる友釣り専用区を目指します。

この日、川に影響はないものの、天候は生憎のしとしと雨。朝一は、水温上昇と供にゆっくりの竿出しとなりました。まず私が入ったポイントは、前回の状況も兼ねて最初から少し流れのきつい瀬尻へ! 流芯には良いアユがいて、勝負が早いのも先週分かった事です。瀬尻から、ゆっくり囮を馴染ませて徐々に上に引き上げると、ビビビ〜ッと目印が下流に下ります! 北川の背掛かりアユは、寄せても寄せても、芯に向かう力強い引きです!私は竿が早瀬クラスなので、引きを楽しみながら慎重に抜けるところまで寄せてキャッチ〜!背ビレの長いとても綺麗なアユに、そして危うい引き抜きに手が震えます(笑)。

それから何尾かエキサイティングな背掛かりでアユが掛かりますが、午前中に一通り探ってしまうと、掛かりアユがだんだん小さくなって来ました。吉良さん、小林さんも掛けながらポイントを細かく移動しています。お昼休憩後、ポイントを移動することにしました。午後から入ったポイントは、全体的に小石底の平たい川相です。ピンポイントに囮を入れるというよりは、面で探る様なイメージで広く探っていきます。瀬肩を渡りながら1尾、対岸のチャラ瀬で2尾掛かりますが、後が続かず…。今度は渡った左岸側から瀬を釣り下りますが、ガツン! と良型を1 尾追加して、囮が循環しません。そのまま時間だけが過ぎ、その後は追加する事なく納竿としました。

タイミングが悪い悪いと言いながらも、何とか今回も竿を出すことができ、綺麗な北川のアユも掛けることができました。今年は、あと何回アユ掛けに行けるかな? 増水で不釣だった大野川もお盆明けから好釣果が耳に入ってくるようになりました。大アユが掛かっているみたいです! 終盤まで、まだまだ楽しめそうですね!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード