TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

Challenge アジ・ジギング

2011年 9月 7日 10時頃

秋の大在&日吉原公共ふ頭では、朝と夕まずめにたくさんのルアーマンが一斉にジグをキャストする光景が繰り広げられる。タチウオ、アジ、ヤズ、スズキなど、様々な魚が果敢にジグにアタック、同時期に多彩な魚がアタックして来る釣り場は、全国的にも珍しいだろう。今季はまだ、ここでのショアジギングの最大の人気ターゲット・タチウオのアタリは極わずかだが、その代わりに30〜40㎝級アジが頻発中で、絶好のターゲットとなっている。そこで今回は、メタルジグでアジを狙う「アジ・ジギング」について、ここで解説する。簡単なようで奥深い、「アジ・ジギング」の世界へ、ゴー!

秋アジの習性

秋の大分市東部の岸壁周りには、イワシなどの小魚が棲みつく。そして、それらをベイトとする大型アジが回遊するのが例年のパターンだ(大型アジの腹には、イワシがぎっしり詰まっている)。それゆえ大型アジの回遊初期はイワシに着いているため、エサ釣りよりも小魚を模したメタルジグで釣れることが多い。

使用するジグ

ジグのフォール中にバイトする傾向があるので、「フォール時間を稼いで、いかに長くアジにジグを見せるか」が釣り方の最も重要なポイントとなる。それゆえ軽めのメタルジグが推奨されるが、これが軽過ぎると飛距離が出ないし、アジの最も頻発する狙いのポイントの底付近まで探ることができない。そういったことから、50m以上のロングキャストが可能で、なおかつ適正なフォール速度で底付近まで探ることができる28gのメタルジグが、最も使用されている。ジグのカラーについてはシルバー系のブルー、もしくはピンクでよい。なお、日暮れ寸前はジグのシルエットを大きく見えるように、40gにサイズアップすることも釣果アップのポイントだ。

アクション

①キャストしたら糸フケを取りながら、ジグを底までフォールさせる②底までフォールしたら、チョンチョンと軽くジャーク(竿をシャクること)して、跳ねるようなイメージでジグを動かす。3〜5回ジャークしたらフォール。アジの食い気を見ながら、ジャークの回数やフォール時間を変化させる。ジャーク分だけジグが手前に寄るので糸フケを取って、底までフォールさせる。

9月1日、中潮。午後5 時、日吉原公共ふ頭ではたくさんのルアーマンが竿出し中であった。ほとんどの釣り人がタチウオの様子見釣行で、40g以上のジグをロングキャストしていたが、本誌が確認できたのはベルトサイズが1本のみで、まだまだ本格的な群れが入っていないようであった。さて、タチウオ狙いの釣り人たちであったが、タチウオが釣れないと判断すると、ジグのサイズを落として、アジ狙いに変更する。コツコツとジグを突付くようにバイトするアジのアタリがあるが、アワセのタイミングが合わずになかなかフッキングができず。アワセのタイミングは基本的に即アワセでよいが、食い気の渋い時はラインを送って本食いさせる必要がある。このアワセのタイミングを探るのも、アジングの面白みである。さて、竿頭は35〜40㎝級を3本、時々つっぱり大のアジもヒットしていた。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード