TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

デカマダイを捕獲せよ

2011年 9月 10日 9時頃

9月10日、中潮。船釣り専門船「政雄丸」(大分市日吉原)は、初夏から好釣のイサキ狙いへ向かった。早朝は良型イサキが連発、日が昇ってからはそのアタリが低下し、転々と移動しながら数を積み重ねて、竿頭は軽く2ケタのイサキを釣って納竿した。「イサキの数が出たのは良かったですが、大型マダイらしき一発を逃してしまった。手応えだけなら、軽く5㎏を超えていますが…。次回の宿題ですね」(竿頭の釣り人)。秋マダイが活発化の兆しがあり、ここで大型マダイを獲るためのアドバイスを「政雄丸」船長に話を聞いた。

潮止まりは6号ハリス=潮止まり前後の、急に潮が緩くなった時に大型マダイの一発がある。大型マダイを獲りたいのであれば、この時間帯にハリスの号数をアップしておきたい。中層で食わせて(底までの距離があって)、なおかつ海底の地形が緩やかであれば、イサキ使用の細ハリス(4号)でも無理なヤリトリをしなければ大型マダイを獲ることが可能だが、イサキもマダイも釣れる場所は大概海底の地形が荒く、瀬切れする危険が高い。この時間帯はイサキ狙いを捨てて、大型マダイ狙いに徹してみては?

なお、船のマダイ狙いは全員がタナを合わせなければ、せっかくのデカマダイポイントもエサ盗りの巣になってしまうので、電動リールの表示だけに頼らず、より確実な道糸(PEライン)の色の違いで糸の出ている量(タナ)を把握しましょう。

取材協力=政雄丸TEL080・2726・9929

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード