TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

津久見島沖で大型マダイが炸裂

2011年 9月 6日 11時頃

9月6日、小潮。ダイワフィールドスタッフの保月利英さんは、最近大型マダイが好釣の津久見島沖の舟掛かり釣りへ。沖で仕掛けの準備をしていると、隣の舟の釣り人が竿を曲げ、大きなマダイをタモ入れしていた。保月さんは仕掛けを組む手を速めて、急いで竿出しをする。

潮は無垢島方向へ、ゆっくりと流れていた。マキエ(沖アミの生&ボイル&ムギ)の帯を切らさないように間断なくマキエを続け、それに同調するようなイメージでツケエ(沖アミの生)を流すと、大サバ、アジ、30㎝級マダイがポツポツとヒットして来た。どの魚も元気なアタリを見せ、道糸が指先を弾く、その瞬間がたまらなく面白い。朝まずめが一段落すると、潮の流れが徐々に逆方向へ替わっていった。潮の流れの変化に合わせて釣り座移動し、仕掛けを打ち返す。午前9時30分過ぎ、道糸が弾け出るアタリを捉えて竿を起こすと、これまでとはケタ違いのパワーの魚のアタリに襲われる! 指先をスプールに当てても全く糸の出を止められず、その勢いが止まってからよやくベールを起こす。スプールの溝に残された道糸は極僅か。糸を出し過ぎないようにヤリトリするが、ハンドルを巻いた分だけ魚が暴走し、なかなかその距離を詰めることができない。長期戦を覚悟し、無理をしないように丁寧なヤリトリを心がける。アタリを捉えてから10分を経過した頃、ようやく糸を巻いた分だけ魚が浮かび上がるようになったが、その途中で再び暴れだし、今度は船底を通過して背後へ暴走。竿先を海中へ突っ込んで応戦し、そのまま艫(とも)に回って連結ロープの下に竿を潜らせて、先ほどの逆向きの釣り座へ移動し、再び竿を立てる。とてつもなく元気でパワフルなマダイであったが、20分の格闘でやっと力尽き、その姿を海面に浮かばせたのでった!

「自己記録更新と期待しましたが、それには2㎝足りない74㎝でした。しかし高水温期のマダイの引きの強さには、つくづく驚かされますね!さて、ここでのフカセのマダイ狙いは、仕掛けの入りが悪いと思ったら、積極的にガン玉を追加して、底潮の流れに乗せることが重要だと思います。これだけ水深と潮の流れがあると仕掛けが表層を一気に通過しても、意外にツケエが中層から底には到達していないものです」。まだまだ大型マダイが続く、津久見島へみんなで行こう!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード