TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

タチウオ登場!

2011年 9月 10日 21時頃

9月10日、中潮。午後3時、船釣り専門船「第3えすぽあ」は、タチウオの様子見釣行へ向かった。明るい時間帯こそアタリを捉えることができなかったが、空が赤味を帯びるに連れてそのアタリが頻発、竿頭は10本を超える釣果を上げたのであった。ハシリの時期は大型が出るものであるが、今回は指2〜3本級主体でやや小振り。今後のサイズアップを期待したい。これから本格化する、船ジギングのタチウオ狙いについてのアドバイスを3点。

ハリスは長く=ハリスを長めにセットすることを推奨する(2m以上)。タチウオジギングではタチウオの鋭い歯でハリスを切られることが頻発する。その度にハリスと道糸を結んでいたら、時合いに効率良く手返しすることが不可能。なお、ハリスを切られないことを優先して、ワイヤーハリスを使用することをオススメする。ワイヤーとフロロカーボンでは、タチウオの食いが倍以上の差がついてしまうからだ(フロロカーボンに分があり)。なお、余裕のある方は竿を2本セットして、予備竿をすぐに投入できる準備をしておきたい。

明るい時間帯は深く、時合いは浅く=「日中から夕方はボトム、暗くなるに連れて中層以上」がタチウオの回遊パターン。日の出ている間は、確実に底が取れるウェイトのジグを選択したい。なお、暗くなってから、特に時合いでは、タチウオがジグを追って食い上がる傾向がある。タチウオが食い上がっていると感じたら、底を探らずに中層から始めること。タチウオが浮いているのにジグを底まで落とすのは効率的でない。なお、高活性時は落下中のジグに頻繁にバイトするので、時々糸を止めたりして反応を見ること。

センターバランス、シルバー系=ジグはセンターバランスが基本。リアバランスに比べるとフォール時の沈下速度が遅く、ジャークした時に跳ねやすくアピール力が高い。ジグのカラーはシルバー系がアピール力が高く有効である。

テールにトリプルフック=タチウオは獲物の胴体にバイトすることが多いようだ。そこで、フックがジグのテール部にある方が、ジグの胴体付近にバイトしたタチウオをフッキングさせるのに効果的だ。

ショートピッチ=ジグのアクションはショートピッチで小刻みに動かし、めまぐるしく変化するフラッシング効果によって、タチウオにアピールしたい。これで反応がなければ、ロングピッチやただ巻きを織りまぜてアピールしよう。

竿の角度を保ち、速巻き=タチウオを掛けてからのヤリトリは、「竿の角度を保って速巻き」が基本。トリプルフックは「掛かり」がよいが食い込みが浅くなるので、ふとしたテンションの緩みで、フックアウトしやすい。タチウオが締め込んだ時でも手を休めず、ハンドルを回し続けるようにしよう。

プライヤーを必ず使用=フックを外す時にプライヤーが見当たらずについつい手で外そうとすると、タチウオの鋭い歯で手を切られてしまうことがある。プライヤーはコードに接続して、常に手元から離さないように準備しておきたい。


取材協力/第3えすぽあTEL090・4995・3358

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード