TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

別府湾カワハギ釣り大会

2011年 9月 1日 16時頃

9月24日、若潮。「第8回別府湾カワハギ釣り大会」(主催・大分県遊漁船業協同組合)が、別府湾で開催された。ここ数年は秋のカワハギシーズンの先行きを占う大会として定着し、カワハギ釣り愛好家の間ではその結果が注目されている。さて、第8回大会の結果はいかに? 午前5時、船釣り専門船「ひろみ」は馬場ノ瀬へ向けて出港し、午前6時前に現地に到着した。現地では強い北西風が吹いていたが、それよりも気になったのが、台風の余韻と思われるウネリ。船長の話では、「日が昇るに連れて波気が落ち着く」とのことであった。さて、午前6時の合図と共に、釣り人達が一斉に竿出しする。

オモリの着底と共にアタリを捉え、今季初のカワハギを釣り上げた釣り人もいたが、ほとんどの釣り人がアタリの出ないままツケエを掠め盗られて、「エサ盗りだろうか? カワハギだろうか?」と困惑する。慎重にアタリを取ってアワセを入れると、カワハギの引きとは違うような…。船の前後で振り上がったのは、つっぱり大のカナトフグ! 船長はすぐにポイント移動を決断したのであった。ポイント移動を終えると、丁度下げ潮が流れ始める。「これで、エサ盗りのフグが逃げるはず」と、「ひろみ」船長が言い終えると同時に、船の前方でカワハギが2枚ブリ上がる。その後はカワハギの群れが小さいようで、ポイントを転々と移動しながら拾い釣りする。

午前11時過ぎにはカワハギが活発化し、続々とクーラーの底が埋まって、午後11時半に納竿した。さて釣果は、1人平均手の平級主体に10〜15枚程度で、竿頭は軽く20枚を越えていた。竿頭については「仕掛けもツケエもみんなと同じ」だったが、釣り方に違いが見られた。常に仕掛けを動かし続ける「アタリを出さずに、ツケエだけを掠め盗る、エサ盗り名人のカワハギ」に対抗するには、常にツケエを動かし続けることが、最も簡単で効果が高い。海中で止まっているツケエよりも、動いているツケエの方が、カワハギが食い付いた時にアタリが出やすいし、動かすことがアワセになる場合もある。ツケエを動かすと言うと、「タタキ」をイメージする読者のみなさんも多いだろうが、この日、最も効果的だったのは「聞きアワセ」であった。アタリがあった時に「即アワセ」をせず、そのままゆっくり持ち上げることで、カワハギが本食いするケースが頻繁に見られた。

食い気の高いカワハギの多い時は「タタキ」が効果的で、食い気があるが個体数の少ない時は、「聞きアワセ」が効果的な傾向がある。

主催:大分県遊漁船業協同組合
■協賛/シマノ・がまかつ・ダイワ・ダイコー・ハヤブサ・ヤマリア・かわせみ・はり秀・ささめ・オーナーばり・(株)クレハ・サンライン・ゴーセン・デュエル・山豊テグス・まるふじ・日紅商事・東レ・東亜ストリング・第一精工・(株)タカミヤ・ポイント・釣具のまつき・釣具のトップ・フィッシングワールド・マルキュー・ヒロキュー・日豊食品・海幸漁具・マルシン漁具(順不同)■後援/大分県・(社)全国遊漁船業協会・(財)日本釣振興会大分県支部・九州磯釣連 盟大分県支部・大分合同新聞社・NHK 大分放送局・OBS 大分放送・TOS(テレビ大分)・OAB(大分朝日放送)・大分ケーブルテレコム・釣春秋・釣紀行・釣ファン・週刊つりニュース・週刊つり太郎・熊日釣りタイム・釣りビジョン(順不同)

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード