TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ボトムに潜むドラゴンを狙え!!

2011年 10月 1日 10時頃

10月1日、中潮。10月に入り、秋の釣りシーズンも本格始動。人も魚も活発化。船、沖磯、波止から素晴らしい釣果情報を連日の様に目や耳にする。そんな中でも私が気になってしょうがなかったのが、秋の船タチウオ釣りだ。別府や大分では豊富なベイトが陸近くに入り、それを狙って大型フィッシュイーター達が意外に陸寄りで釣れるビックチャンス。タチウオも大在や日吉原、坂ノ市一文字などで型・数共に良い感じ。今回、私は日田市のジギンガー赤坂くん、瀬戸くん、中津市のダイワくんとまだ見ぬ超〜ドラゴン級をターゲットに午後6時半に亀川漁港を出港。20分後、別府沖のポイントへ到着した。日没後、船の灯りが点灯し暗闇の海面を照らす。別府や大分の綺麗な夜景が私達の疲れた心を癒してくれる環境の中、いよいよロマンチックナイトinドラゴンゲームのSTARTだ!

タチウオ専用テンヤに今が旬の脂ギトギトサンマをワイヤーでグルグル巻きにする。サンマは三枚に下ろし塩漬けにした物を使用する事で、身が締まりエサ持ちが良いからだ。私はサンマ以外にコノシロ、イワシ、鶏肉のササミを準備。水深60mのボトムにテンヤを着底させ、2m間隔で誘いを入れ、巻き上げながらレンジを探る。すると船の灯りに吸い寄せられる様に海面では小サバ、イワシ、ダツ、イカ、クラゲが秋の大運動会! 特に小サバが大群で船の周囲を走り回る状況の中、水深20m位で「カツッ、カツッ!」と僅かな生命反応をキャッチ。しかし一度限りで後が続かない。一度仕掛けを回収し、エサのチェックをすると確かに鋭い歯で噛みつかれた跡! 間違いなくタチウオは私の足元に居る事を確信した瞬間だった。

再び仕掛けを水深30m に投入し「誘って止める」。アタリが無ければ2m巻き上げてと同じ作業を繰り返しながら、憧れのドラゴン級との出会いに高ぶるHEARTを抑え、竿先に全神経を集中させる。仕掛けが水深20mを切った瞬間「カツッ、カツッ!」と再び物凄く小さな反応を捉えるが、アワセを入れるには余りにもアタリが小さく、アワセの決断が出来ない状態。タチウオは一度狙った獲物にロックオンする習性があるため、バラシても諦めず誘い続ける事で本アタリに結び付きアワセのタイミングが来ると思ってたが、今回は小さな反応を見送ると次のアクションが無いパターン! 多分、ベイトとなる大量の活きエサが入ってるため、タチウオにしてみれば釣り人のエサを食わなくてもエサには困ってないのでしょうか?

その後、潮止まりを迎え小さなアタリさえ無くなりポイント移動。次なるポイントも水深60m。下げ潮が動き始め残り時間も後わずか。赤坂くんと瀬戸くんは、ライトジギングロッドにベイトリールとスピニングリールスタイル! 作戦を変更し得意なジギングで攻める! 私は即アワセを試みる事にした。やはりこのポイントでも水深20m前後で小さく単発的なアタリがある! もちろん作戦通り即アワセを入れる。「グッ」と竿に一瞬乗るが、弾ける感じでバレる。私のロッドは硬めでアワセが強く効き過ぎてる事に気付かされた。ライトジギングロッドを使用してる赤坂くんと瀬戸くんは、即アワセで上手く乗せる感じで釣果を上げ始めた。私のロッドは硬い分、やや送り込んでアワセるイメージで釣果を出す事に成功! 活性が高い時はタックルに関係なく釣果が出せるが、食い渋る時ほど魚種に合わせた専用タックルを使用する事で大きく釣果の差が出る事を痛感した!釣れるパターンが読めた私は水深20〜30m付近で指3本半〜4本サイズを釣り釣果を伸ばす! しか〜し、あくまでも私の目的は、本数ではなく型! ボトムから10m以内を中心に単発的ではあるが大型を上げているダイワくん。私もボトムを中心に攻めることにする。小さいアタリだが乗せアワセすると「ギュギュギュ〜」と体ごと引きずり込まれそうな重量感が伝わった!

ラインテンションを緩めず、テンションを掛けた状態で巻き上げる! 途中、「ファ〜」とラインテンションが緩み糸フケが出るが、テンションを維持しながらボトムから引きずり出す! ようやく私に姿を見せてくれたのはプラチナ色に輝く指5本サイズのドラゴンだ!海のギャングとも言われる凶暴なイメージからは想像も出来ない程の美しい輝きと魚体で私達を魅了させてくれた! 結局、一人平均ドラゴン級が1〜2本交じりの10〜30匹の釣果で納竿となった!

船中のボウズは無く、今後型&匹数共に安定した釣果が望める時期に入ったことを感じさせてくれた釣行となった。今回の海の恵みは今が旬の大分名物カボスで、シャブシャブと刺身で有難く美味しく頂きました!大分は今、タチウオに限らず釣れてます! また大分の海で会いましょう!

大分船釣りクラブ野口道場/野口啓介・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード