TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ブリ釣り開幕

2011年 10月 15日 0時頃

10月15日、中潮。夜明け前、佐伯沖で竿出し。ツケエにイワシの切り身を使用し仕掛けを投入、船長の指示ダナにツケエが到達すると同時に、激しく穂先を揺らすアタリを捉える。アワセを入れると竿がグオーンと胴から曲がって、左右に引きずり回す引きが手元に伝わる。力いっぱい竿を引き起こして、電動リールをフルパワーにセット。時々、ドラグから糸が吐き出されるが、魚は徐々に海面へ浮き上がる。テンビンの上に装着したクッションゴムを引っ掴んで寄せると、ブリがバシャバシャと海面を反転! 一発でタモ入れに成功し抱え上げると、想像以上の重たさに一瞬腕が止まる。丸々と太って体高があり、ざっと見でも優に6㎏はありそう…。今季初ブリに目を奪われるが、すぐに気持ちを切り替えて次を狙わなくてはならない。短時間の時合いに効率よく数を重ねるのが、竿頭への必須条件。

ハリスに傷がないことをチェックして仕掛けを再投入、今度はコツッと穂先にアタリが現れるが、それ以上引き込まず。仕掛けを回収すると、ツケエが丸々盗られていた。「ブリではなく、エサ盗りの仕業だろう」と思っていたが、それを見ていた船長が、「ハシリの時期なので、アタリが小さい傾向があります。穂先をよく観察して、積極的にアワセを入れないと、数釣りは難しいですよ」と、アドバイス。今度は小さなアタリに即アワセをすると、再び同型のブリを釣り上げたのであった。ブリとはいえ、場合によってはアタリが小さいことを覚えておかなければならない。仕掛けを打ち返していると、隣の釣り人の竿が猛烈な勢いで海面に突き刺さると同時に、ふっと穂先が跳ね上がる。仕掛けを回収すると、クッションゴムのスナップがひん曲がっていた。なお、竿を根元からブチ折られた釣り人もいて船長の話ではその正体は恐らく、「10㎏オーバーのヒラマサかカンパチ、もしくは最近各所で頻発しているマグロであろう」とのことであった。

ちなみに今年は例年以上に、得体のしれないモンスター級のアタリが頻発しているとのことであった。夜が明けてからはアタリが遠のき、午前8時に納竿。1人当たり3〜7本のブリに、50〜70㎝級マダイ交じりの釣果であった。「10月に入ってからでは、今日はかなり釣果がよかったですね。まだ海水温が若干高いようで、本調子ではないと感じています。まずは様子見釣行をされてみてはいかがでしょうか?」(孝明丸船長)。

なお、ブリ釣りは魚の引きが強く危険なので、厚手の上着と革手袋を必ず着用して下さい。

取材協力/孝明丸TEL090・4475・3110

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード