TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

蒲江元猿、マダイのハシリ

2011年 10月 19日 15時頃

10月19日、小潮。大分県下の各地の船釣りで賑わいを見せているマダイが、海水温低下に伴い徐々に南下を始めたようだ。低下が始まったとはいえ、元猿沖の海水温はまだ24℃台を推移しており、まだ本格的な回遊はしていないようで、マダイのハシリであると言えるだろう。

早朝、船釣り専門船「吉栄丸」(蒲江元猿港)は、ハシリのマダイ狙いに元猿沖へ向かった。早朝は中サバのアタリが頻発、海水温が高いせいか、ゴマサバの数が多いようであった。日が登り潮が弛むとサバのアタリがなくなる。代わりに姿を現したのが、本命のマダイであった。3・5kgを頭に、1㎏弱までを主体に30枚近くを釣り、お昼過ぎに納竿。

「マダイの数釣りは、日増しに安定しています。海水温が高いせいか、大型マダイの登場はまだこれからの雰囲気です。11月に入る頃には、本格化しそうですね。まずは、様子見釣行をされてはいかがですか?」(吉栄丸船長)。

取材協力/吉栄丸TEL090・8413・9004

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード