TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大在公共ふ頭で、メイタとサバ

2011年 11月 1日 13時頃

11月1日、中潮。皆さん、秋の釣りシーズンに入っていますが、楽しんでいますか?自分はここ最近「大きい魚を釣りたいけど釣れない病」を患ってしまいました。本当は、ずっと前からですが…(笑)。いつもなんとか大きい魚を釣りたいと願いながら釣りをしていますが、全然ダメです。誰か効く薬を教えてください(笑)。この日は午前中に用事を済ませ、昼から夕方までの釣りを予定。なんとかデカい魚を釣りたくて、大在公共ふ頭の通称「砂置き場」に来ました。ここは過去にデカいチヌやらデカいマダイやらデカいブリが釣れている場所です( 僕は釣っていませんが…)。

夕方までの予定なので、マキエは沖アミ生を1 角とマルキュー「チヌベスト」1袋を混ぜてよく練り込みます。仕掛けは下図の通りで、ハリにハヤブサ鬼掛「競魂チヌ/2号」を結びました。このハリは遠投仕様になっていて、エサズレ防止のケンが付いているので、遠投時に心強い味方になってくれます。更にハリ掛かりは抜群な上に、ほとんどがジゴクに掛ってくれるのです。あまり魚を傷めずにリリース出来るので、そんな意味でも大変重宝しています。潮とエサ盗りの様子ですが、手前にマキエを打つと、まずサヨリが集まり、次に小ダイとコッパグロが集まりました。

潮は上潮が左から右に30㎝下はゆっくりと右から左に流れている状態。足元にマキエを打って魚の目線をこっちに向け、20m先にマキエを数ハイ打ち、仕掛けをそのさらに沖に投げました。同じ要領で打ち返して4投目に道糸を張って穂先が「クイッ」と持って行かれたので、アワセるとコンコンとかわいい引き。難なく上がったのは25㎝程のメイタ君でした。優しくハリを外し、海に帰ってもらいました。いつも楽しませてくれます。それからも同じようなサイズのメイタをぽつぽつと釣り上げていました。

だんだんと上潮の滑りが速くなり、底潮が速くなったのでガン玉のサイズをG7↓G4に交換しました。仕掛けを投入して2ヒロ位沈んだところで、前触れ無くいきなりひったくるアタリ! 竿を立てると、のされそうになったのでスプールから指を離し、糸を出して竿を立て応戦開始! 竿が00号なので気持ち良く根元から曲がります。右に走ったり左に走ったり手前でガンガン突っ込んだりしました。自分は「これこれ! これを待ってました!」とニヤニヤしながら独り言(笑)。ようやく上がって来たのは約40㎝のサバでした。まんまるでパンパンして美味しそうです。アゴの下をナイフで切り、首のところをサバ折りして内臓を出して海水と氷に入れて処理はOKです。しかし、あとが続くかと思いきや1匹で打ち止めでした。

それからメイタ君を数枚釣ってマキエが終了。釣り場を綺麗に掃除して帰宅しました。公共ふ頭周りは主にメイタ、たまにチヌが釣れてます。また、浅ダナでサヨリやコッパグロが釣れてます。いろんな魚が釣れるのでみなさんも足を運んでくださいね。

HN/gen・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード