TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

釣研FGクロ釣り選手権大会

2011年 11月 27日 12時頃

11月27日、中潮。「釣研FGクロ釣り選手権大会」が、大分県の磯を舞台に開催された(120名参加)。前夜に、佐伯市番匠川河川敷に設置された本部テントで受付を済ませた参加選手たちは蒲戸、鶴見、深島などの磯へ渡り、それぞれの釣技を存分に駆使して、クロを釣り上げて、午後1時からの検量に帰ってきた。前夜からのハードスケジュールで疲れているとはいえ、参加選手達の足取りは軽く表情は晴れやか。それもそのはず、続々と検量所に持ち込まれる口太は、40〜48cm級が勢揃い! 釣研FG所属選手の釣技のレベルの高さを証明する、圧巻の光景がそこにあった。クロの長寸が45cmでも10位という激戦の中、釣研FG山口県支部の田中洋明選手が48cmの口太を釣って優勝を決めた。

「鶴見大島を目指したが、磯はどこもいっぱいで仕方なく、地磯での竿出しとなりました。管付きウキなので糸落ちが速く、視認性が抜群のお気に入りの電気ウキ、釣研『LFブライト』を選択。タナを2ヒロ半に設定して仕掛けを打ち返すと、5投目に48cmの口太を釣り上げました。しかしその後は、30cm超のアジ、サバ、イサキだらけに…。早く大型が出たので、その後はお土産釣りを存分に楽しめました」(田中選手)。2位に入賞したのは47・5cmの口太を釣った、釣研FG延岡支部の矢野政美選手。

「鶴見大島の『赤鼻』に上礁。夜明けから竿出しするも、コッパグロの猛襲。遠投性能の高い釣研ウキ『グレ円錐EX』を使用し、近〜長距離を分散して狙って、デカグロの登場する時合い待ち。お昼前に潮が弛んでコッパグロの勢いがなくなった瞬間に、ようやく47・5cmの特大口太のアタリを捉えることができました。40cmオーバーはこの1枚のみでした」(矢野選手)。120名の参加選手の内、40名が超の口太を検量するなど、近年稀にない、好釣果の大会となった。最後に大会参加選手、関係者のみなさま、お疲れ様でした。

取材協力・釣研FG株式会社釣研

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード