TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

BIG モイカ炸裂!

2011年 12月 21日 16時頃

12月21日、中潮。お昼過ぎから臼杵市大泊港の「月見島観光開発」で貸船をチャーターし、臼杵湾内のティップ・ラン・エギングへ。まずは、津久見島周辺で船を流す。すぐに小型モイカがティップ(穂先)を弾いたが、その後がなかなか続かない。

「風がないから、船が流れない。ティップ・ラン・エギングは、水平姿勢のエギを海底付近で流すのが基本。もうちょっと風のある沖へ出てみましょう」(同行した釣り人)。沖へ移動するとその分だけ風が強くなったが、今度は潮が速過ぎてエギを着底できず。なかなか難しい一日になりそうであったが…。巡り巡って三つ子方面へ移動すると、水深30m付近で潮と風の感じがよくなる。フィッシュリーグ「ダートマックスTR/30号/オレンジボーダーゴールド」を投入、着底してすぐにロッドを小刻みにジャークしてエギを流すと、ティップがギュン、ギュンと二段引き、アワセを入れるとなかなかの重量感が手元に伝わる。引きを楽しみながらリールを巻き込むと、その途中で急に重量感が増す。

なにごとだろうか? その魚影が薄っすらと見えると、な、なんと! エギを抱いたモイカに、更に大きなモイカが抱きついているではないですか! 海面付近まで浮かび上がらせると大きなモイカが離れ、急に手元が軽くなる。それでもタモ入れしたのは、800g級のナイスサイズ! そのモイカを抱いていたモイカは恐らく…、2㎏級? それからは夕方まで順調にモイカがヒットし続けて3人で1・5㎏を頭に20パイ程の釣果を上げたのであった。波止周りではモイカが少ないし型も小さいが、沖の深場には大型がいることを痛感させられた。

なお、今回お世話になった月見島観光開発ではレンタルボートを1万2千円(40馬力、和船。日の出から日没まで)で案内している(ガイド付きは1万5千円)。ボートがあれば、沖の深場を攻めることが可能なので、興味のある方はボート免許の所得をしてみてはいかがでしょうか?
本誌/カタダ・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード