TOP ≫ 海釣り&ルアー釣りの用語辞典 ≫ あ

海釣り&ルアー釣りの用語辞典

あおケブ…韓国産のイソメで岩虫が入手困難になった現在では、貴重な生きエサで青光りするので夜釣りに最適。スズキ、アイナメ、メバル向きのエサ。

あおもの(青物)…背が青い魚のことでアジ、サバなどを呼ぶ。

あおる…竿を上下させてエサを踊らせ誘いを掛けたり、根掛かりをはずすとき操作する動作。

あかしお(赤潮)…海水中にプランクトンが異常発生し、酸素不足になりプランクトンが死に海面が死骸で赤く染まること。この海域には魚がいなくなる。

あげ(上げ)…上げ潮。潮が最も引いた状態から満ち潮に向かうこと。

あご(アゴ)…ハリ先に近いところにある部分の名称でカエシともいう。

あさまずめ(朝まずめ)…夜が明けて太陽が昇るまでのわずかな時間帯をいい、最も釣れる時間帯で絶好の釣り時のこと。

アジング…アジをワームや小型ジグなどルアーで釣ること。

あそばせる(遊ばせる)…大型の魚が掛かった時、無理をせずに遊ばせて弱らせること。子供をあやすと同意語。

あたり(アタリ)…魚がエサを食べてウキや道糸や竿に感じることで、魚信ともいう。

あなづり(穴釣り)…消波堤の穴(すき間)に仕掛けを入れて釣れること。ホゴやアイナメ釣りの釣法。

あぶれ(アブレ)…ボーズ、オデコと同じで、1匹の魚も釣れないこと。

あみ(アミ)…体長2mmほどのエビに似たプランクトンで、アジやコノシロ、イワシ釣りの撒きエサとして使うエサ。

あわせ(アワセ)…アタリを感じてハリに掛けるために竿を操作する動きのこと。

あわせぎれ(アワセ切れ)…アワセた瞬間に糸が切れること。

あらぐい(荒食い)…魚の食欲が盛んなこと。エサを入れると次から次に食って来ること。

用語追加

バーコード