TOP ≫ 海釣り&ルアー釣りの用語辞典 ≫ い

海釣り&ルアー釣りの用語辞典

いがい(イ貝)…潮間帯に防波堤の壁に付く黒い二枚貝。大分ではカラス貝と呼びチヌ釣りなどに使うエサとなる。

いぐい(居食い)…魚がエサをくわえたまま動かないこと。

いけいブロック(異型ブロック)…コンクリート製の消波材のことで捨てブロックともいう。

いそめ(イソメ)…砂浜や海岸に生息する環形動物の総称でゴカイ、青ケブ、岩虫などが代表。

いっか(一荷)…一度に2匹釣ること。

いとふけ(糸フケ)…糸がたるむ状態のことで風や波、潮流でも起きる。

いれぐい(入れ食い)…仕掛けを入れるたびに釣れること。

インターライン…竿の中にある空洞のスペースを利用し、その中に道糸を通すように開発された技術。またはロッドそのものを指す。一般的なアウトガイド(外ガイド)と正反対な竿である。

用語追加
バーコード