TOP ≫ 海釣り&ルアー釣りの用語辞典 ≫ か

海釣り&ルアー釣りの用語辞典

カゴづり(カゴ釣り)…仕掛けにカゴを付けて釣る釣法のことで、大分の坂ノ市沖一文字ではマダイ釣りに使われる。

かいこう(海溝)…岩礁地帯の深くえぐれた溝で、潮がよく通るので魚の通り道でもある。

かいそう(海草)…海水性植物。アオサ、コンブ、テングサなど海に生える植物。

がいど(ガイド)…竿に付けた道糸を通す環金具。案内人のこと。

かかり(掛かり)…海面下にある障害物にま卦かること。

かきぼう(かき棒)…イ貝やフジツボなどをかき落とす道具のこと。

かくれね(隠れ根)…海面下にある岩礁や沈んだ根のこと。沈み根、張り出し根など。

かけあがり(カケアガリ)…深場から浅場への斜面で魚がよく集まる場所のこと。

かこう(河口)…河川が海にそそぐ出口のこと。

かみつぶし(カミツブシ)…楕円形の小型のオモリで、割れ目があって糸にはさみ付ける。割りビシ、シズともいう。

からあわせ(空合わせ)…アタリがないのにアワセをすること。

ガンガセウニ…イシダイ釣りに使うエサ。ウニの仲間。ガンガセと略して呼ぶことも。

がんしょう(岩礁)…海岸や海にある岩場のこと。ハエ、根ともいう。

ガンダマ(ガン玉)…丸い小型の割れ目のあるオモリ。シズともいう。

がんぺき(岸壁)…大型船が接岸し荷役する場所。小型の船が接岸する場所は、揚げ場という。

用語追加
バーコード