TOP ≫ 海釣り&ルアー釣りの用語辞典 ≫ さ

海釣り&ルアー釣りの用語辞典

サーフ…投げること、または投げ釣り総称として使用する。

サーべリング…タチウオをジグなどルアーで釣ること。

サキイト(先糸)…道糸とハリスの間を継ぐ糸のこと。

サキス(先素)…テンビン投げ仕掛けの先端のハリスのこと。

さきちょうし(先調子)…竿の先が柔らかく曲がる竿の調子
のこと。

さげ(下げ)…下げ潮、引き潮のこと。

さげっぱな(下げっ鼻)…潮が下げ始めたときのこと。

ささにごり(ササ濁り)…海や川がうっすらと濁っている状態のこと。

さそい(誘い)…食い気のない魚に、エサを踊らせて食い気
を起こさせる技法。

サビキ…サバやアジを釣る時に使う仕掛けで、魚皮などを付けたギジバリを水中で上下させ魚を誘惑する疑似バリ。このサビキが沢山付いた仕掛けをサビキ仕掛けという。

サラシ…波がくだけて白く泡になった海面のこと。サラシ場ともいう。

されきぞこ(砂礫底)…砂と小石がまじった海底のこと。

サルカン…ヨリモドシ、スイベルと同じく、仕掛けのヨレを取る結束具。

さんまい(三枚)…魚の料理用語で魚の上身と中骨と下身の三枚をいう。潮も三枚潮があり、この潮のときは釣れない。

さんらんき(産卵期)…魚によって異なるが、一般的には春と秋の2回産卵の季節があり、産卵期には魚が接岸するのでよく釣れる。

用語追加
バーコード