TOP ≫ 海釣り&ルアー釣りの用語辞典 ≫ し

海釣り&ルアー釣りの用語辞典

時合い…潮の流れの変化や時間帯によって、魚が活性化する時。「時合いが来たので釣れた」など…。

ジグ…魚が興味を示すように作られた金属片。ジギングとはジグを上下に動かして魚を誘う釣法のこと。

しおだるみ(潮ダルミ)…満潮時に潮の動きが止まる状態のこと。

しおどまり(潮止まり)…満潮、干潮で潮の動きが止まる状態のこと。

しおめ(潮目)…方向が異なる潮や、速度の違う潮流がまじわったときにできる潮の流れの状態をいい、魚がよく集まる潮域。

しかけ(仕掛け)…ウキや糸やハリで魚を釣る装置、からくりのこと。

シケ(時化)…雨風が強く波立っている悪天候の海の状態のこと。

シズ…小型のオモリのことで、関西でよく使われる。

シッテ(尻手)…竿の尻に付けるヒモのこと。

しぼりこむ(絞り込む)…魚が掛かり、その引きで竿が曲がっていく状態をいう。

しもりしかけ(シモリ仕掛け)…シモルは「沈む」の意味で、小型のウキが浮力に勝るオモリのためにエサがゆっくりと沈むように工夫した仕掛けのこと。

シャクル…竿を上下(左右)に動かし、エサを踊らせて撒きエサを撒く、魚の興味をそそる。

シャロー…水深が浅いエリアや層など指す。「シャローでバイトした→浅いタナで食いついた」

ショア…岸を指す。釣りでは主に陸釣りを指す。(反対→オフショア)

白子…魚の雄の精子。逆にマコとは魚の卵のこと。

用語追加
バーコード