TOP ≫ 海釣り&ルアー釣りの用語辞典 ≫ た

海釣り&ルアー釣りの用語辞典

たいせいぎょ(胎生魚)…親魚の体内で稚魚になるまで育ち、それから産み落とされる魚でウミタナゴ、メバル、ホゴが代表魚。

タチ…水深のこと。

タナ(棚)…中層魚の泳いでいる層のこと。また、釣り用語では魚がいるその深さ(水深)をタナ(深さ)をいう。

タマ(玉)…魚をすくうのに使う柄のある網。タモともいう。

タメ…強い引きが襲ったとき、道糸を緩めながら竿の弾力を活用し抵抗する魚を弱めること。

たらし(垂らし)…キャスティングの際の穂先からオモリ、テンビン、ルアーまでの糸の長さをいう。また、ウキを使わない釣りで垂らし釣りともいう。

たんすい(淡水)…塩分を含まない陸地の水。湖沼、池、ダム、川の水。

ダート…ルアー釣りやエギングでのテクニック。ラインでルアーやエギを横方向に激しくアクションさせる動作。

用語追加

バーコード