TOP ≫ 海釣り&ルアー釣りの用語辞典 ≫ ち

海釣り&ルアー釣りの用語辞典

チカライト(力糸)…投げ釣りで道糸の先に付ける太い糸のことでキャスティングの強い衝撃で仕掛けが切れるのを防止するために付ける。

チチワ(乳輪)…糸の先端部に他の糸を接続するために作る輪結びのこと。

チニング…チヌをルアーで釣ることの総称。トップチヌ、Mリグなどを含む。

チモト…ハリの部分名称で、ハリ軸の元の部分に作ったハリスの結び目を止める役目をするところの名称。

ちゅう(宙)…宙層のことで中層の釣りを宙釣りという。

ちょうか(釣果)…釣りの結果のこと。

ちょうかんたい(潮間帯)…高潮線と低潮線との間のことで、満潮時は海面下になり、干潮時は露出する場所のこと。

ちょうせき(潮汐)…通常は1日2回ある潮の満ち引きのこと。

ちょうりゅう(潮流)…海水の流れ。

ちょんがけ(チョン掛け)…ハリにエサをちょっと引っ掛けること。

用語追加
バーコード