TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

佐賀関室生地磯沖でカワハギ爆釣

2012年 2月 12日 9時頃

2月12日、中潮。今宵も美味い焼酎が飲みたいワシは釣り反対派の嫁を避わし、臼杵の一原亨君が所有する船で臼杵港を午前7時に出港。目指す一尺屋までしばらくの船旅。ここで幸鉄也さんと合流。3人でまずは一尺屋港出口のテトラの沖100m、水深20mの所で様子を伺う。2時間程の釣りで、3人で20枚とボチボチの釣果。

さてさて今日は季節風も弱く、ベタ凪で最高の釣り日和。幸さん情報で、次のポイント室生地磯沖に遠征。水深18m位の所で魚探に反応がよく出る瀬を発見。ここをポイントに決める。この一帯の本命潮は「高島」方向に流れる上げ潮がいいとのこと。まずは幸さんがカゴにジャンボを積めて底まで落としてはシャクリで、一帯に居るカワハギを集めてくれる。準備万端で釣り開始。今回のツケエはアサリのムキ身と芝エビ、丸エビ、ムキ身、青ケブ、ゴカイの6 種類。早速左図の仕掛けを作って投入。潮は残念だけど反対流れの下げ潮。流れはボチボチで20号オモリが着底。すばやく叩き上げ、そして叩き下げ。ゼロテンションで竿先に神経を集中していると、コツッと反応! バシーーーと激アワセ!「乗った、乗りましたぁ〜」。サイズは手の平位。

3人ともポツポツアタる状況の中、高島方向に向かう勢いのある潮が流れ出すと同時に一気に活性アップ! 一投毎に鮮明なアタリでカワハギが元気一杯アタって来る! 着底後1〜3秒で速効アタリ。ダブルヒットもあり、まさに激熱! 爆釣! 最高!釣りに釣ったり肝パンパンのカワハギをワシは33枚、一原君が圧巻の50枚、幸さん25枚と薄引きに煮付け、吸い物に鍋とカワハギ三昧のフルコース!季節毎に色んな魚を釣って来たワシだが、カワハギ釣りの面白さはカワハギとの知恵比べ。小さいアタリを取る楽しさ。仕掛けを作る楽しさ。枝3本をそれぞれ長さを1cm、2・5cm、3cmと替えたり、ツケエを3種類全部付け替えて反応を見たりと、考えがドンピシャ当たった時は最高! 是非皆さんもカワハギ釣りに挑戦してみてください。魚釣り最高!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード