TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

乗っ込み口太増加中の蒲戸

2012年 2月 25日 12時頃

2月25日、中潮。早朝から強風が吹き荒れてコンディションは悪かったが、2月も好釣が続いていることもあり、多数の釣り人達が蒲戸で竿出しした。大分市の相馬さんは「一本松」に上礁。手前にはマキエに反応したカワハギが浮き上がっていたので、遠投気味に仕掛けを投入する。潮が緩めば沖にもカワハギが出ていったが、潮が通すとクロらしきアタリが出るが、食い込みが悪く素バリ、ハリ外れを連発。そんな厳しい状況であったが、見事に47㎝の口太を釣り上げた。

「とにかく、クロの食い込みが渋かった。タモ入れ寸前でハリ外れしたクロは恐らく、50㎝は裕にあった でしょう。寒グロ化が進んで難しくなったが、面白くもなりましたね」(相馬さん)。

この日の釣果は竿頭で45㎝までを8枚程キープ、3〜5枚の釣果の釣り人が最も多かった。2月の最盛期に比べるとクロの数が少なかったが、釣果のほとんどが風の収まった午後からだったので、この原因は午前中の強風にあったと推測する。各所でよく聞かれたのが、「ハリ外れが多かった」との声。海水温低下に伴い、クロの活性が低下していることと、クーラーのクロは白子を吹いている個体も見られ、寒グロ化がより一層進行している印象を受けた。寒グロの素バリ、ハリ外れに最も効果的な対策は、「積極的にアワセを入れる」こと。怪しいアタリは見逃さず、積極的にアワセを入れて、攻めて攻めて、攻めまくるように!

取材協力/わこうTEL090・3987・4191

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード