TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

原因はウキの浮力? 寒グロ最終盤の攻略糸口!

2012年 3月 1日 13時頃

3月1日、小潮。サンラインステータスクラブの安藤良治さんは、春日丸(鶴見羽出)で鶴見大島の「枯松」に上礁し、午前6時半に竿出しした。ウネリの影響でサラシが大きく沖へ払い出し、仕掛けの安定が難しそう。それに加えて、今時期のクロは、海水温の変化が少ない場所を好む傾向があるので、流れが複雑なサラシの中ではたして釣れるのだろうか? という不安も頭をよぎる。まずは仕掛けの安定を重視してBのガン玉をハリスに打った半遊動仕掛けを組む。仕掛けを投入してマキエを後打ちする。ウキの行方を追うが、暗過ぎて見ることができず、仕方なしに穂先でアタリを取ることにした。仕掛けが馴染むと、サンラインの道糸「ブラックストリームマークX」が穂先からパラパラと右方向へ流れる。仕掛けを打ち返すこと3投目、手元から道糸が弾け出てアワセ、魚は流れに揉まれながらも左右に元気に泳ぎ回る。向こうアワセであった分だけ、魚が自由に泳ぎ過ぎて、ジリジリとハリスが岩にスレる感触が伝わったが、即座に対応をして足元に浮かせる。釣りあげたのは、白子たっぷりの、42cm口太!「サンラインでも強度がトップクラスのハリス『Vハード』だったので、少々の瀬ズレも気になりませんでした」(安藤さん)。

1枚目を釣り上げると同時に明るくなり、ウキがよく見えるようになった。ウキを見てアタリを取る半遊動仕掛けをベースとする安藤さんにとっては、これからが本当の釣りの始まり。釣研ウキ「グラビティ」が潮に馴染むとモゾッと押さえ込まれるが、それ以上引き込まれず。その度に仕掛けを回収すると、ツケエの沖アミの生が丸残りだったり、頭だけ盗られたり。「クロのアタリがあっても食い込まないのは、クロがウキの浮力を嫌っているかも?」と推測した安藤さんは、釣研「グラビティ」B↓0、直結部近くにG2のガン玉を打つ(仕掛け図参照)。すると、ウキを吸い込むまではないが、先ほどよりもアタリが明確になった。ウキが沈むと同時にアワセを入れると、続々と口太がフッキング。

「午前11時までにこのパターンで、40cmを頭に15枚程度。その後は『タチバナ横』に瀬替わりして、48cmを頭に10枚ほど釣りました。春が近いとは言え、クロの魚影が濃く、意外に浅ダナで驚きました」(安藤さん)。

使用船=春日丸TEL090・1161・0722

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード