TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大分沖で良型マダイ

2012年 3月 11日 0時頃

3月11日、中潮。早朝、「第3 えすぽあ」(大分市日吉原)はタイラバのマダイ狙いへ向かった。目的のポイントに到着し船を減速、魚探には魚の反応が真っ赤っ赤! 下りの中潮の2日目とはいえ、潮の動きが全くないのが気がかりではあるが、とりあえず期待を込めてタイラバを投入する。水深は30m、タイラバが着底するのを確認すると、ゆっくりリールを巻き込む。海中でタイラバのリボンがヒラヒラと舞い上がり、海中のマダイに大きくアピールする。穂先にはコツコツと前アタリがあり、アワセを入れたいのを我慢して、リールの巻き速度をキープしたまま本食いするのを待つ。しかし、巻き上げ途中で魚は口を離してしまう。今度は前アタリがあってから巻き上げ速度を若干遅くしてみるが、それでもフッキングせず。どの釣り人もアタリがあるらしいが、釣果には結びつかない…。

午前9時過ぎ、僅かながら底潮が流れ始めると、船の各所でヤリトリが見られ、1㎏までのマダイがポツポツと上がり始めた。午前10時の潮止まり前には、ミヨシでロッドが大きく湾曲する。大事に釣り上げたのは、68㎝の良型マダイであった!「魚の食い込みが浅く、ヤリトリ中のバラシも多かったです。3月は魚の食いの渋い時期なので、マダイが本格的に安定して釣れ始めるのは4月に入ってからだと思います。タイラバに興味のある方は、様子見釣行をされてはいかがでしょうか?」(第3えすぽあ)。そろそろ、春マダイの準備を始めませんか?

写真提供=第三えすぽあTEL 090・4995・3358

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード