TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

「サザエのハナレ」にてクロ釣り

2012年 3月 10日 10時頃

3月10日、中潮。例年3月に入ると私の地磯通いが始まるが、今年はどうしたことか海水温が15℃と例年に比べて1℃位高く、定期的に入って来る黒潮の影響が大きいと思われる。米水津小浦港から「功明丸」の午前6時の便で出港。私にとって嬉しい遅い便に感謝。しかし、米水津湾出口の「押し出」に到着すると思ったよりウネリがある。少し様子を見ていると、下段部は洗っているが大丈夫と判断し、荷物を高場に上げて釣りを開始することにした。

上礁後、早速準備してきたマルキュー「グレパワーV9 スペシャル」、「グレジャンボ」、「グレパワーV9徳用」に沖アミ生を混ぜ、マキエを硬めに仕上げた。ツケエは、沖アミ生、マルキュー「食わせオキアミS」、ムキ身の3種類を準備した。潮の方は満ちの7分位で右流れと、ここでの時合い潮である。仕掛け︵左下図参照︶をセットし、釣研よりニューモデルの「征黒」のテストも兼ねているので、良型グロとチヌが釣れれば良いと思っている。時折北風が吹き込み釣り難い状況ではあったが、長くは続かないので助かっている。足元からサラシができて潮が湾内へ流れており、タナ3ピロで沖目を釣っているが満潮まで手の平大のクロが3枚と期待外れ⋮。ここで、沖へ払い出す引きの潮に乗せて流していた妻が「来ました!」と大きく竿を曲げた。見るからに大物と分かる竿の曲がり! 足元の根に突っ込むのを竿を横にして耐え、必死の攻防の末「ゴボー」と浮いたのは、49cmの良型グロであった。

その後、私にも強烈なアタリがあり、45cm の丸々としたクロをゲット。ウキは「征黒」のBを使用していた。このウキの良さは、スカーレット色が一段と艶やかで視認性が抜群なことと、自重も約13g と重めなので遠投しやすい。この日のように風の強く吹く日は効果が増すようである。この後はお互いにキロ級を1枚ずつ追加して、ツケエが残るようになって来た。しかし、妻の竿が再び大きく曲がりヤリトリを開始すると、海中でキラッと輝く魚体。これが42cmの元気いっぱいのチヌであった。納竿の15時までに32〜38cmまでのクロを6枚とブダイ、ボラ、カワハギ等を釣り、楽しい釣りができた。

まだまだクロが良く釣れており、3月いっぱいはこの状態が続きそうな雰囲気の中、「いつまで大分県南のクロは釣れるの?」と思いながら、米水津を後にした。

明野荒磯クラブ/仲國勝・記使用船=功明丸 TEL090・7447・9775

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード