TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

近況 鶴見の磯 寒グロ

2010年 2月 13日 12時頃

午後3時過ぎに地松浦港に戻って来る「正幸丸」を訪れる。船から降りてくる釣り人からは「今日は厳しかった」と釣果はイマイチのようである。
そんな中、北九州の森山さんは43cmのクロをゲット。朝日が昇り始めてしばらくした後、半遊動(タナは竿1本)で仕掛けを流していた時に、一気にウキが消し込んだと言う。この日森山さんに訪れた大きなアタリはこれのみであったが、貴重な一枚をゲット。「アタリは何度かあるが、とにかく食いが渋い。バラすと後が続かなくなるのが辛いですね」と森山さん。集中力を欠くことなく、我慢の釣りが勝負となりそう。

一方、熊本の大久保さんのクーラーには良型グロが10枚と他にカワハギ・ウマヅラハギなどお土産も確保しているが、釣果には不満足の様子。

「時合いは昼過ぎの潮止まりから満ちに替わる時のみの1時間、いや30分ですね。そのわずかの時間に、8枚連続でクロを釣り上げました。ハリスは1・7号で通しましたが、ハリを5号から4号に落としたり全遊動でタナを探ったり、色々と試みたけど、時合い以外の時間帯は本当に反応が薄かった日でした…」。

ボラやカワハギなどの外道が多く、肝心の本命の姿が少なかったこの日の鶴見。雨が降る前の週始めは、水温が上がった事もあって好釣果だったが、大雨後は徐々に微アタリへと変わっている。食い渋るクロではあるが、アタリはそれぞれに必ずあり、そこで釣るかバラすかで、その日の釣果を大きく左右する。「集中力」を持続した釣りは体力の消耗も激しいが、それが鍵となる2月のクロ釣りとなりそうだ。

取材協力:正幸丸 tel0972・33・0198

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード