TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

津久見島、大型アジの回遊活発

2012年 6月 14日 12時頃

6月14日、長潮。津久見島沖の掛かり釣りで人気の「月見島観光開発」(臼杵市大泊)では、6月上旬から掛かり釣りに船長が一人付くという新サービスを始めた。通常の掛かり釣りでは釣況に応じて移動がしたくてもできなかったが、新サービスでは基本料金に500円追加することで移動が可能になった。これまで以上に好釣果に恵まれる可能性が高くなったのは、釣り人にとってとてもうれしい。なお、新サービスを受けたい釣り人は専門の船長の予定があるので、乗船前までの予約が必要なのでお忘れなく!

さて、保月さん一行は新サービスを利用して、津久見島から離れて最近大型アジが活発な「ノーゼ」沖へ向かった。保月さんはフカセの全遊動仕掛けで、大型アジを狙う。マキエ(沖アミの生+ムギ)を広範囲に打ち込んでしばらくしてから、仕掛けを投入する。潮の流れに合わせてパラパラと道糸を送りながら、間断なくマキエを打ち続ける。「深場の本流釣りは、マキエとツケエの同調が難しいので、マキエを切らさずに打ち続けることで同調を図るのです」(保月さん)。ツケエが20m以上入った所で、スーパーメタルトップに振動が伝わってアワセ! 元気な引きを見せてくれたのは、30㎝大のチダイであった。同型チダイが頻発、潮の流れが加速するとチダイのアタリが止まり、念願のアジが活発化する。船長の話では一昨日までは40㎝級が頻発したらしいが、この日のアジは30㎝大まで。型が落ちたとはいえ、丸々として引き、味共、十分に満足。お昼過ぎにアジのアタリが止まったので、大型マダイ狙いに津久見島へ移動することにした。

さて、保月さん一行はマダイ狙いに挑んでみるものの二枚潮で魚の活性が悪く、狙いの大型マダイを釣ることができず。とはいえ、「ノーゼ」から津久見島沖にかけて竿を振り回し、一日を存分に楽しんだ保月さん一行でした。スタッフが増員して津久見島〜ノーゼ沖までの広いエリアで、釣り人の要望に応える準備のできた、「月見島観光開発」からのレポートでした。

写真提供=月見島観光開発 TEL 0972・66・5555

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード