TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

イサキ絶好釣 深島

2012年 6月 30日 16時頃

6月30日、若潮。6 月に入ってウネリで出港できない日が続いていたが、この日は晴れ間が覗く時間もあり、久しぶりに多くの釣り人が深島へ向かった。夕方、「三幸丸( 猪串港)」が港に戻り、クーラーの中を見せてもらうと、今までの鬱憤を晴らすかのように、40㎝オーバーのイサキやクロが所狭しと横たわっていた。

「沖の地蔵」に上礁した木村さんは、竿1本半ほどのタナでイサキが入れ食い。表層にはコッパグロやスズメダイなどのエサ盗りがチラホラ見えるものの、マキエワークで難なく避わすことができたとのこと。釣り方は3Bの半遊動、00号で全遊動などいろいろ試したが、どれでも釣れる程イサキの活性が高かった。「こんなにイサキが簡単に釣れたのは、初めてですね」と木村さん。日中でも間断なくイサキが釣れるのは嬉しい。

また、「ハチマン」に上礁した舎川さんは、全遊動で45〜47㎝級口太をヒットさせ、クーラーにはクロがゴロゴロ。昼過ぎからウネリが大きくなり、船長の判断で「灯台下」へ瀬替わりしたが、そこでもコンスタントに良型グロを拾うことができたとのこと。タナは1ヒロ半〜2ヒロ強。こちらもエサ盗りは気にならない程度で、釣り易かったようだ。「ウネリ続きで出港できない日が続いたけど、これからは渡せる日も多くなるはず。しばらくイサキとクロは好釣をキープしそうな雰囲気なので、7月に期待ですね」(三幸丸船長)。

脂ノリノリの乗っ込みイサキは今が狙い目。引きが強くて美味しい40㎝級イサキが頻発中の深島への釣行予定を組んではいかがでしょう?

取材協力=三幸丸 TEL 0972・42・0364

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード