TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 宮崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

宮崎県北浦の磯 口太、オナガ、イサキ

2012年 7月 15日 7時頃

7月15日、若潮。釣研FG大分県支部の大津さんと上野さんは午前8時の弁当便で、名礁「シバエ」に上礁した。デカ口太やオナガの一発に期待したがマキエが効き始めると、ウネウネと長い魚がウキの周りをグルグル。その魚の正体は、シイラであった! シイラの鋭い歯でラインブレイクが多発し、ウキをロスト…。シイラの猛襲にギブアップし、名礁「シバエ」から「中のハエ」に瀬替わりしたのであった。

「中のハエ」では、マキエに反応したデカ口太、オナガ、イスズミが足元の海面で反転していた。それを狙って仕掛けを打ち返すが、魚を掛けても魚のデカ過ぎと根の荒さが重なり、全く太刀打ちできず。時々ヒットする30〜40cm級口太&オナガを3枚ずつキープ。対岸の「カモンバエ」では、中学生釣師が頻繁に竿曲げしており、その中には45cm大のイサキの釣果もあった。

さて、北浦では場所ムラが激しいながらも、竿頭は40cm超を頭に、口太を軽く2ケタキープ、場所によってはイサキのアタリもあった。

写真提供:喜福丸 TEL 090・8831・0473

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード