TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

佐賀関でケンサキイカ遠投で離岸流に乗せて狙おう

2012年 7月 31日 11時頃

7月31日、中潮。雨の多かった梅雨が明け、暑さも日々増してきていますね。そんな中、この日は日中の暑さを避けて夕涼みに木村真也君と佐賀関にケンサキイカを釣りに行ってきました。18時30分に大分市の釣具店で待ち合わせて、釣り道具や氷を購入し、行く途中にあるスーパーで新鮮なエサ用のキビナゴを購入し、現地へ向かいました。19時30分。小黒港に到着すると防波堤の先端と付け根に、5〜6名の釣り人が居ましたがまだ釣れていない様子。空いていた防波堤の中間付近に釣り座を構えて仕掛けを作りました。

今回の仕掛けは釣研の中通しウキ、LF電輝円錐1号を道糸2号に通し、フカセからまん棒で抜け落ちないように固定しハリス2号(約1m)の物を直結した先にヤマシタのエサ巻スッテEX(S)を結び付けた簡単な半遊動仕掛け。エサのキビナゴをスッテに巻き付け、ウキ下1ヒロ半で探ってみます。

潮は下げに入って左流れ。仕掛けを回収&投入を繰り返していると、木村君のウキにモゾモゾとアタリが!アワセを入れるがハリ掛かりせず、エサだけをかじられる⋮。その後は1〜2ヒロのタナを探ってみますが私にも木村君にもアタリが無く、付近の人もあまり釣れていなかったので気分転換に場所移動をすることにしました。次に向かったのは小黒港より半島の先端寄りの黒个浜。海に向かって右寄りに釣り座を構えました。まだ下げの潮が残っておりゆっくりと左流れ。先に仕掛けを投入していた木村君のウキに、モゾモゾとアタリが…。10〜15秒程待っていると、ウキがジワァ〜と沈み始めます。ゆっくりとアワセると念願のフッキング、テンションMAX!ジワジワとゆっくり引き寄せると、今の時期にしては型の良い体長30㎝弱のケンサキイカ。「タナは1ヒロ以内」とのことでした。

自分は1ヒロ半でしばらく狙ってみるがアタリがないし、アタリが出ずに、エサをかじられる。そんな中、先程と同じタナを繰り返し探っていた木村君にまたしてもアタリが!先程より型は小さいが、立派なケンサキイカです。「美味しいケンサキイカを食べたい!このままボーズで帰ったら嫁さんに怒られる!」と思い、私も木村君と同じ1ヒロにタナ設定をしてみます。すると、タナを設定しなおした一投目、潮が流れているにも関わらずウキが一点で静止しています。「イカがスッテを抱いているのかも?」と判断し、糸フケを取って10秒程待ってアワセ!遂に、狙い通りのフッキング!足が切れないようにゆっくりと引き寄せると、待望のケンサキイカが波打ち際から現れます。

これを境に潮が右流れに変わって、沖では離岸流が流れています。遠投してこの離岸流に仕掛けを乗せると、ケンサキイカのアタリが連発します。結局、午後11時半までに2人で8ハイ(木村くん5ハイ、私が3バイ)。まだまだ釣れそうな雰囲気でしたが次の日の仕事のこともあったので、後髪を引かれる思いで納竿しました。ケンサキイカの釣れるタナは1ヒロ以内と浅く、アタリはウキがモゾモゾ動いたり、止まったり、潮の流れとは逆の方向に引っ張っられたりなど、よく観察しないとわかりませんでした。そのアタリの繊細さが魚では味わえない面白さで、かなり楽しめました。皆さんも涼しい夜釣りで、でケンサキイカ釣りに行ってみてはいかがでしょうか?ちなみに、黒ヶ浜は「蚊」が異常に多いので、虫よけスプレーは必須!それでもここの「蚊」は、服の隙間や生地の上から刺してくるほど、元気が良いので、肌の弱い方にはオススメできません…。

釣研FG東九州支部/平松義洋・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード