TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

マルキュー「パワーイソメ」&ワンナック「チョメリグ」で夏ギス攻略

2012年 8月 5日 14時頃

8月5日、中潮。ワンナック・テスターの大嶋穣さんは、キスが好釣の大分川河口へ向かった。大嶋さんのキス釣り仕掛けは一般的な天秤オモリ仕掛けでなく、天秤オモリの代わりにワンナック「チョメリグ」を使用していた(仕掛は左ページ参照)。午前10時、釣りを開始。ツケエにマルキュー「パワーイソメ/細/赤」をセットし、リグをキャストする。「『パワーイソメ』は素材が柔らかいので、食い込みがとても良いと感じています。ブルーベリーの香りが、魚の摂食効果を上げているようです。投入毎にこまめにパッケージの液に浸せば、よりその効果が発揮されますね(大嶋さん)。」

15m沖で着水、リグが着底すると同時にゆっくりとリーリングをする。普段の投げ釣り仕掛けであれば、天秤オモリと海底との摩擦で引き重り感があるが、大島さんのリーリングは極めて軽やか。「フローターの効果で、重りと海底の接地面が狭いので、リーリング時の抵抗が少ない。これだけ軽ければ、何度打ち返しても疲れないし、根掛かりの危険も少ない」(大嶋さん)。リーリングの途中でアタリを察知すると、ハンドルを回す手を緩める。と同時に、ティップが激しく揺り動かされ、魚がフッキングしたことを知らせる。大嶋さんが丁寧に抜き上げたのは、22㎝大の良型キス!

「『チョメリグ』はリトリーブ(ただ巻き)するだけで、ワームが生命感溢れる振動を起こすので、それがキスへの誘いになります。リトリーブ中にボトムセンサーウェイトがコツッと海底に接触すると、ワームが変則的に動き、それがリアクション・バイトを誘います。さっきもボトムシンカーがコツッと海底に触れた瞬間に、キスがワームを吸い込むようにアタックして来ました。『チョメリグ』は中通しタイプなのでバイト時の食い込み抵抗が少ないのも、その大きな特長です」(大嶋さん)。その後も大嶋さんはランガンしながら足でキスの数を稼ぎ、午後2時までに20匹の釣果を上げたのであった。

「今日は下げ潮だったので、キスの魚影がいまいちでした。ここの時合いは、上げの7分から満潮で、これに早朝が重なれば、数はもちろんだが、25㎝超を釣れる確率が高くなります。今年の大分市内はキスの数、型共に例年よりも格段に良いので、『チョメリグ』を駆使してキス釣りを楽しんで欲しいですね」(大嶋さん)。キス釣り好釣の、今年の夏を逃すな~!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード