TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

遠投浅ダナ狙いでケンサキイカ攻略

2012年 8月 13日 22時頃

8月13日、若潮。8月に入ってからというもの、釣研FG大分県支部の木村さんと保月さんの二人は寝不足続き。柔道、サッカー、水泳、ボルト。さぞかしオリンピックに釘付けかと思いきや、オリンピックの話題には一向に反応する様子がなく、口を揃えてこう言った。

「ロンドンよりも、100m走よりも、佐賀関のケンサキイカ狙いが、世界で一番熱いのですよ!」。午後7時半、8月上旬の夜の9割を佐賀関で過ごした二人は佐賀関の黒ヶ浜に到着した。例年の同時期であればこの時間の到着では、釣り座の確保が不可能であるが、今年は釣果がイマイチなおかげで(?)、広々と場所取りすることが可能であった。さて、午後8時を過ぎて空が暗闇と星に覆われると、二人は釣りを開始する。潮の流れはなく、ウキは一箇所に停止したまま。それでも何度も誘いを入れて、二人はいきなり訪れる時合いに向けて黙々と仕掛けを打ち返し続ける。

午後9時、約30m沖で静止していたウキが、モヤモヤと海中に吸い込まれる。木村さんは糸フケを取って、そっと誘いを入れて糸を張る。ピンピンに張った糸を通じてケンサキイカの重量感を確かめると、鋭いアワセを入れる。ガツッとフッキングしたのを確認すると、即座に波打ち際まで寄せて振り上げる。胴長25㎝大の、ナイスサイズのケンサキイカであった。それを合図に保月さんも釣果を重ねて、午前0時までに2人で8ハイの釣果を上げたのであった。

「釣れる時は大概上げ潮で、下げに替わった途端に食わなくなることが多いです。人の多い時は遠投に分があると感じますね。アタリが小さいので、ウキや道糸に常に細心の注意を払ってアタリを探っています」(木村さん)。佐賀関のケンサキイカ狙いは日ムラがありながらも、9月までは狙えそうです。終盤戦はパラソル級の大型ケンサキイカの期待が高まります。陸っぱりで、パラソル級にチャレンジしよう!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード