TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

近場で早朝の短時間釣りでストレス解消

2012年 8月 25日 12時頃

8月25日、小潮。つり太郎読者の皆様、暑い日が続いていますね! 暑さの苦手な私の最近の釣行は早朝の3時間勝負が基本ですが好釣果に恵まれれば、1時間で納竿することもあります。その好釣果とは、40㎝級のアジなのです。7月からの週末の早朝はいつも大在で竿出ししており、ここまで8回ほど釣行していますが、大アジが釣れなかったのはただの1日だけ。この日も大アジを求めて、大在で竿出ししてきました。

夜明けと同時に竿出し。まずはアジを釣り座の周辺に寄せるために、マキエ(沖アミの生2角+集魚剤マルキュー「チヌパワームギ」+「チヌ戦」)を広範囲に打ち込みます。徐々にマキエのポイントを狭めて、いよいよアジ狙いの開始です。低重心で投入時と潮乗りの安定性が高い「エイジアLC/00」を竿2本先にキャストします。ここでの早朝のアジ狙いは遠投の必要がなく、マキエで手前に寄せるのが基本です。当て気味の潮に乗って、仕掛けが徐々に足元に寄って来ます。しばらく仕掛けを流してから回収するとツケエは丸残りです。マキエの打つ量を増やしていると、底潮が沖へ流れた瞬間に糸の出が加速してアワセ! 狙い通りに40㎝級アジがヒットしました。

ここでの大型アジ狙いについて、私なりのアドバイスをさせて頂きます。

早朝の下げ潮=アジ狙いは早朝が基本。小魚の活性の高い暑い夏は、特にその傾向が高い。潮回りについては、比較的下げ潮が良いと思います。

ベイトに付いている=釣ったアジの腹の中には、小型イワシが詰まっています。ルアーで狙ってみるのもオススメです。

全遊動仕掛けに分があり=アジは食い込み抵抗を感じると、せっかくくわえたツケエを吐き出す傾向があります。糸が抜けて食い込み抵抗の少ない、全遊動仕掛けがオススメです。早朝の短い時間帯を狙って、アジ狙いを楽しんでみてはいかがですか?

釣研FG 東九州支部/赤峰雄紀・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード