TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

渓流は初秋雰囲気 〜今季最大38cmアマゴ〜

2012年 8月 25日 8時頃

8月25日、曇時々雨。あの大雨被害あと、渓流がどうなっているかずっと気になっていたが、約1ヶ月振りに釣友と足を運んでみることになった。待ち合わせは大野川水系のいつもの場所。大雨の被害の後も、雨が降ったり止んだりが続き、大型アマゴも出ている確率が高いだろうと予測。前回の釣行のリーダー0・6号では心もとなかったため、念のために0・8号に変更。ルアーも5・5gとヘビーシンキングをチョイスした。

午前8時30分に待ち合わせのポイントに到着。まだ釣友は来ていない。試しに上流から下流へルアーをキャスト。トゥッチしてはルアーを止めで様子を見る。するといきなり川面から水しぶきが上がり、そのままテップに物凄い重量感が伝わってきた。根掛かりかと思うような重量感。締め気味にしていたリールのテンションを物ともせず、ズルズルと下流へ引っ張りはじめる。とてもリールを巻けない。ジリジリと下流へ引っ張れるので、そのまま岩を避けながら自分も下る。どうにか間合いをつめ、下流でランディング。下顎にかかったフックが伸びきって、寸でのところで外れるところだった。綺麗な朱点を残したアマゴ38cm。今期の最高サイズ。この日はよほど活性が高かったのか、次もまたもやヒット。ルアーが着水して5秒後に向こうアワセでヒット。増水の影響でかなり広範囲でエサを拾っている様子。そのまま無事に取り込みこれも30cm級の尺アマゴ。

その後、釣友と合流して渓流釣りを楽しんだが、ファーストヒットしたアマゴに満足し、早めの帰宅となった。これから9月末までが大型ヤマメ・アマゴのシーズン。今年はさらなる大物の出現に期待して、こまめに足を運んでみようと思う。

大分市の佐藤・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード