TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大野川 終盤のアユを名惜しむ

2012年 9月 13日 15時頃

9月13日、晴れ時々曇り。サンライン・ステータス・クラブの吉良弘和さんは、大野川へ向かった。大野川は吉良さんにとってホームグランドであるが、今年は梅雨時期の大雨と夏場に間断なく振り続けた夕立の影響で、大野川の本流は常に水位と濁りがあり、例年ほど竿出しできない状況が続いた。その代わりに番匠川や宮崎県の河川に入る日が増えてそれなりに好釣果に恵まれたが、2012年のアユシーズンの終盤を迎えるに連れて、やはり大野川に入りたいという思いが募る。そしてこの日、吉良さんは河川の状況の安定した大野川の平成大橋に入ることにした。

浅場の石にはアユのはみ跡がない。本流に狙いを絞ってオモリを打って囮を送り込むと、狙い通りに目印を吹っ飛ばすアタリを捉える。22㎝大の丸々と太ったアユを取り込むと、すぐに囮を入れ替える。これでアユが入れ掛かることを期待したがその思いに反して、アタリを捉えることができず。移動を繰り返しながら拾い釣りして、アユの数を追加したのであった。

「使用した水中糸は『サンライン/ハイテンションワイア鮎/0・15号』。高比重なのでアユの沈みが良いのと抜群の強度が特長です。大アユの一発があるので、若干太めにしました。台風16号の雨が入るのでまたしばらく川に入れませんが、水が落ち着けば犬飼大橋より下流で大型アユが狙えるでしょう。尺アユを目指して通いますよ!」(吉良さん)。大物鮎師ならば、これからが勝負ですよ!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード