TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

チャップオン&ケミホタルでタチウオ攻略

2012年 9月 11日 22時頃

9月11日、若潮。午後8時、大分市5号地に到着。前日にタチウオが釣れたとの情報のある西大分港の白灯台波止からの竿出しを考えていたが、思いの外北風が強いので、風裏となる5号地の倉庫裏で竿出しすることにした。午後8時半、実釣開始。ツケエには早朝に釣った、アジの切り身を使用する。潮の流れはほとんどなく、投入した仕掛けは一点から動かない。午後10時に潮が若干左へ流れると、ようやくツケエがかじられた。ウキにアタリが出なかったので設定したタナが深過ぎると判断し、ウキ下を8mから6mに変更する。仕掛けを15m沖に投入。ルミカ「チャップオン/ 0・5 号」が着水すると、ルミカ「ケミホタルいか&太刀魚75/ピンク」がゆっくりと「チャップオン」から離れる。「ケミホタルいか&太刀魚75/ピンク」が海中に沈んで見えなくなると、海中に浮かんでいた「チャップオン」がジワッと馴染んで、もやっとした明かりを放つ。潮に任せて流しながら時々、シャクッて誘いを入れる。足元から5 m沖までウキを寄せると、これまで遠くて見えなかった「ケミホタルいか&太刀魚75/ピンク」 を、ぼんやりではあるが視認できるようになった。すると…、「ケミホタルいか&太刀魚75/ピンク」が右 回りに小さな円を描き、タチウオのアタリを知らせる。ドキドキしながらその動きを目で追っていると、大きな半円を描くと同時に、ゆっくりと沖へ泳ぎ始めた。スプールから道糸がパラパラ出るが、ここではまだアワセを入れない。

タチウオはまず、ツケエを甘噛みした状態で泳ぎ回る。そして安心な場所に泳ぎついてから本食いするのだ。この本食いする時にアワセを入れるのが、タチウオ釣りのセオリー。糸の出が止まると、糸を張ってタチウオが本食いするのを待つ。30秒程待っていると、手元にガツッとした感触が伝わって、穂先を引き込む。タチウオが本食いしたと確信してアワセを入れると、竿が湾曲して魚の重量が伝わる。フッキングをさせてしまえば、強引にリールを巻くだけでオッケー。タチウオは泳がない、引かない、暴れない。強引に巻き寄せるとようやく、海面でバチャバチャと暴れ回るが、今更暴れても逃しはしない!「よいしょっ」と振り上げたのは、身の幅が指3本弱の、まずまずのサイズであった。ハリの確認をすると、喉の奥までがっちり飲み込んでおり、かなり活性が高そう。タチウオの鋭い歯に触れないように注意しながらハリを外す。時合いを逃すまいと、急いで仕掛けを打ち返す。仕掛けが着水すると、今度は「ケミホタル〜」がいつまでたっても「チャップオン」から離れない。こんな時は大概仕掛けが絡んでいるケースが多い。「ケミホタル」は「集魚」が主な役割だが、目の効かない夜釣りで仕掛け絡みのチェックができるのも、それと並ぶ大きな役割だ。仕掛けを回収して糸絡みを直して再度、仕掛けを投入する。今度は「ケミホタル〜」の沈下速度が加速、そのまま引き込まれた「チャップオン」は、海面下50㎝程で静止して赤い光をモヤモヤと放つ。糸フケを取ると同時に手元に衝撃が走ってアワセ! 今度も同型タチウオがヒットした。その後、午前1時までに5回アタリがあり、獲ったのは3匹。合計5匹のタチウオを釣り上げて納竿した。

周囲でもタチウオ狙いの釣り人がいたが、釣果のない様子であった。釣果の差は恐らく、ツケエにあったと推測する。早朝に釣ったアジだから、タチウオの食い気が良かったのではないだろうか? ハシリや終盤の群れの小さい時期のタチウオはエサを選ぶ傾向があり、最も効果的なのは釣り場で釣ったアジやイワシなどの小魚だ。時間のある方はエサ釣りをしてから、タチウオ狙いをしてみてはいかがでしょうか?今後は大分市から別府市にかけて、タチウオの回遊が活発化します。人気釣り場は釣り人で混雑するので無理な割り込みを避けて、譲り合いながら夜釣りを楽しみましょう。秋の夜長は、タチウオ狙いに決まり!本誌編集部・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード