TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

巷で噂の坂ノ市一文字63cmマダイ出た!!

2012年 9月 15日 0時頃

9月15日、大潮。日曜日に米水津の磯に行くはずでしたが台風の予報…。まさかと思っていると携帯に電話が…。恐る恐る電話に出ると、「船は出られんごとなりました」。「…嘘だろ…」。しかし、この高鳴る思いを誰が止められるでしょう? 考えろ…、考えろ…と自分に問い「そうだ! 鶴見湾内ならば」と、すぐさま渡船に電話すると「この台風じゃ出れんな」との答えにテンションは一気に急降下…。しかし、もう誰も私を止められない…。

どこか良いところがないかと、本誌を読み直していると坂ノ市一文字がいいみたいじゃないですか!早速「大勝丸」船長に電話すると「5時に出るけんおいで」との返事。これでテンションは一気に急上昇!すかさず同行の相良君と山口君に電話で了解を得て、いざ坂ノ市へ!午前3時。地元中津の釣具屋でエサを購入。私はマダイ狙いなので、マキエが大量に必要。そこで、今回のマキエは沖アミ生2角にムギ1 袋、集魚剤2 つをツーセット。ツケエは沖アミ生2L、3L、ボイル、ネリエ、ムキ身と何が当たりエサになるかわからないので沢山用意しました。午前5時、坂ノ市へ到着。船長に状況を聞くと「チヌはいいけどマダイはあんま出らんで」とのこと。話した結果、沖一文字へ行くことにする。

仕掛けの準備に取り掛かり、早速釣り開始! 海の状況を見たいため始めは0号のノーガンでしてみるが、完璧な二枚潮。仕掛けがうまく潜らないため、ガン玉を追加。しかし、これでも仕掛けが上手く潜らない。ウキを00号に替え沈めてみるものの、底潮がガンガンに流れており釣り難い状況だった。すると同行の相良君と山口君にヒット! どうやらチヌのようだ。時合いか? マズい…、出遅れた…。そうこうしてると私にもヒット! どうやらこれもチヌのようだ。うれしいが何か違う…。そうです!私はマダイ狙い。これで満足をしてはいけません。相良君、山口君は共にポツポツとチヌを釣り上げていきます。ふと沖を見てると、25m沖に潮目発見! 迷わず潮目めがけて大量のマキエを打ち、仕掛けを投入。更に被せマキエを大量に打ち込み張りながら流していくと、ゴン! っと腕を持って行くアタリ! すかさず竿を立てると「鱗海スペシャルR B」がリールシートの上から一気に曲がる! 明らかに今までの魚とは違う!勢いよく沖へ向けて走るが、竿の弾力で溜めてじわりじわりと寄せる。巻いては走るの攻防戦。なかなか寄らず、やっと姿が見えて来た! マダイだ! 大型のようだ。空気を吸わせ浮かせると相良君が一発でタモ入れに成功、上がって来たのは自己新記録の63cmの綺麗なマダイ! しばし美しい魚体にみとれながら満悦。

この後すかさず仕掛けを投入し、同じように打ち返すが潮が完璧に止まってしまった。しばらくは潮待ちか? と思っていたが、夕方4時まで全く潮が動かずマキエがなくなり納竿となりました。坂ノ市一文字は数メートル投げれば水深が20m以上あり、どのタナで食ってくるか分からないので全遊動でするとよいでしょう。その日の潮により釣れる魚が変わってきます。事前に船長に電話すると丁寧に教えてくれますよ。足場もいいし広いので大人数でも大丈夫です。ぜひ巷で噂の坂ノ市一文字へいかがですか?

SWFC/西本哲也・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード