TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

シャロー激熱、ナイト・エギング

2012年 10月 3日 12時頃

10月3日、中潮。ヤマリア・スタッフの河野さんとヤマリア九州営業所の熊坂さんは、シーズン序盤のモイカの様子見釣行に、佐賀関へ向かった。午後7時、秋ノ江地磯で竿出し。潮の流れはほとんどなく、すぐ沖ではたくさんの漂流物が浮遊。この場所が丁度潮溜まりになっているようで、潮が通して漂流物が流れない限り、モイカの姿を見ることはできなさそう。河野さんと熊坂さんは漂流物を避けながら、時合い待ちで仕掛けを打ち返していた。すると、午後7時半前に潮が通し始めると、熊坂さんがすぐに中型モイカを釣り上げる!

「使用したエギは、『エギ王QLive』の10月発売の夜光ポディタイプのオレンジの3号。引かれ潮と本流の合流点で、道路からの常夜灯が差し込む場所を狙いました。クイック・ダートで誘って、手前に寄せてからエギに乗せるイメージ。今年の大分県はモイカの状況が良いとの前評判がありますが、その通りの一撃でしたね」(熊坂さん)。これを合図にアタリが頻発するかと思いきや、その後はアタリが続かず。場所移動することにして南下すると、道路沿いの堤防や地磯には台風明けを待ちわびた釣り人達でいっぱいであった。一尺屋下浦の地磯がガラ空きだったため、そこで竿出しすることにしてみた。

午後8時過ぎ、下浦の地磯から竿出し。ここは足元から沖まで水深が浅いが、シャロー(浅場)にいるモイカはエサを求めて活発に動き回る傾向があるのでハマれば、アタリが頻発するはず。河野さんは底をトレースするように、チョコチョコとティップを動かす。すると、一瞬のフォールの間にガツッとモイカがヒットして来た。型こそ小さかったが、浅場のモイカは活性が高いことを実感させられた。「使用したエギは、『エギ王QLive』の金テープタイプのピンクの2・5号。シャローで長い時間ステイさせると、根掛かりの原因になるので、常にエギを動かします。モイカはフォール中、もしくは底でステイしている間にエギに乗る傾向がありますが、シャローのモイカは活性が高いのでアクションしている時でもヒットすることがよくあります」(河野さん)。その後はモイカのアタリが頻発し、30分の間に2人で6ハイのモイカを釣り上げて納竿した(小型はリリース)。
これからは日増しに、モイカのスレが進行するはず。ウォームジャケットでスレイカへのアピールが抜群の『エギ王QLive』でエギングに出掛けませんか?

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード