TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ソルトルアー入門

2012年 11月 9日 7時頃

11月9日、若潮。秋の深まりとともにエギングシーズン最盛期となる。最近はマイボートでタイラバやティップランなどに没頭しているが、夜はモイカが接岸するため陸からでも釣果が望める。僕にとってモイカが釣れさえすれば、船でも陸でもどちらでも良いし、ゼンゴの泳がせで狙うのも面白いかなと。色々な釣り方を考えたが最終的には「陸っぱりエギングで釣り易いうちに釣っておこう」という結論に落ち着いた。同じくエギングでモイカ狙いにハマっている安藤氏を引き連れ、完全に日が暮れてから長目半島をランガンした。

金曜日の夜ともあって各波止には釣り人が多く、こうなると数メートル間隔で竿を出しモイカの回遊待ちをするしかないように思えてくる。しかし、こういった半島の場合は海岸道路沿いにも釣れるポイントは多々あり、漁港以外のマイナーなポイントを中心に釣り歩くだけでも釣果が期待できる。この方が竿抜けポイントを探れるが、通行の妨げにならないようマナーには注意して臨みたい。

さて、今回は新しくリリースされた釣研「ダブルソード」と、これまで実績の高い「ダートフォース」という2種類のエギで勝負。「ダブルソード」は沈み速度が程よく、キレのあるダートを演出できる。一方「ダートフォース」は沈み速度が遅く、ダート幅も狭い。使い分けとしては、ダブルソードで広範囲にテンポ良く探り、シャローエリアやここ一番のポイントではダートフォースでスローに誘うというのが効率的。どちらも今の時期は3号で良い。エギの動かし方は、今の時期はモイカが浮いていることを想定し、キャスト後は底から3〜4m程度の中層まで沈め、糸フケを巻き取りながら数回シャクリを入れ、再び数秒間沈める。あえて数回や数秒という曖昧な表現にしたのは、これが例えば3回シャクリ後の10秒フォールだったり、5回シャクリの5秒フォールだったりと、どれが釣れるかはシチュエーションとモイカの活性次第。これをキャスト毎に変えながら当日のヒットパターンを探り当てるというのがエギングの醍醐味でもある。上達すれば「なぜ〇回シャクリの〇秒フォールが効くのか?」が分かるようになるし、分からなくてもまぁ…数だけ覚えていればまた釣れる可能性は高まるので問題はないだろう。また、シャクリの強さも調整できればゲームとして成立する。ここまではすぐに身に付けられるテクニックだ。

初心者と経験者の差が出るとすれば、ラインメンディングやアタリの取り方。特に後者は、モイカを釣ったことがない人にとっては未知の世界だろう。魚のように「コンッ」と出ることもあるし、竿先がじんわりと引き込まれることもある。はたまた張ったラインが緩むだけの分かり難いアタリもある。ただ、慣れないうちはシャクリを入れた瞬間に重みを感じ、「あ、イカが掛かってる!」というケースがほとんど。もし、前アタリをキャッチ出来たら、即座に2〜3回ショートピッチでシャクリを入れるとエギを抱くことが多い。そんなことを頭に入れながら、今回は目標である500gをクリアし(目標低いですかね?)、同行の安藤氏も食べ頃サイズを連発させていた。この日一番のサイズは3・5号の「ダブルソード」にヒットしたので、あと1ヶ月もしないうちに大型モイカが釣れ出すことも想定し、そろそろ3・5号を用意しておくと全てのシチュエーションに対応できるだろう。最盛期のエギングを是非とも楽しんでいただきたい。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード