TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

別府十文字原管理釣り場オープン

2013年 5月 21日 13時頃

5月21日、晴れ。6月1日、別府市十文字原に管理釣り場「十文字原フィッシングゾーン」(別府市大所)がオープンする。場所は「別府湾SA」のすぐ側で、スマートICを使えばアクセスが簡単だ(「スマートIC」で出れるのは福岡方面からのみ。入るのは大分方面のみ)。大人口地域から近いので、釣り人や観光客や家族連れで賑わうのは間違いないだろう。しかし…、魚釣りに関して目の肥えた本誌読者の皆様が気にするのは、何と言っても釣果と魚のコンディションだろう。そこで、自他共に認める「管理釣り場」マニアで、マッド・アングラーの「フィッシングショプING」の尾崎さんに試し釣りして貰い、いち早く「十文字原フィッシングゾーン」の攻略法を案内する。十文字原フィッシングゾーンに足を踏み入れると、まずはその広さに驚かされる。

大分県内の管理釣り場ではルアーをキャストするとすぐに対岸まで届いてしまうので、キャストの加減をしなければならないが、「管理釣り場でフルキャストをするのは初めて」と尾崎さんはうれしそうにロッドを振る。管理人の話では最深で6mとのことなので、尾崎さんは確実に底を取れるように3gのスプーンで様子を見る。すると尾崎さんは、2投目からアタリを捉える。普段通りにヤリトリを展開する尾崎さんであったが、ニジマスが水面に姿を見せた瞬間からの、思わぬビッグ・ファイトに目を丸くする! ドラグは鳴りっぱなしで、魚は何度も宙を舞い、フックから逃れようと猛スピードで泳ぎ回る。時間を掛けて魚を取り込むと、尾崎さんはその遊泳力の要因を一瞬で理解する。「管理釣り場のニジマスの尾ビレは通常、短くて丸いのですが、ここのニジマスの尾鰭は見事に美しいですね。仕入先の養鱒場の管理が良いのでしょう」(尾崎さん)。

尾崎さんは続けてスプーンを投入すると、すぐにアタリを捉えるものの、痛恨のフックアウト。もしやと思ってフックを確認すると、まさかのハリ伸び。これまで足繁く管理釣り場に通っている尾崎さんであるが、ハリを伸ばされるのは初めて! 滅多に使うことはないが、念の為に準備をしていた太軸タイプに変更したのであった。間断なく釣り続ける尾崎さんに道具を借りて、本紙記者も初「管釣り」に挑むがアタリはあるものの、なかなかフッキングには至らず。尾崎さんにアドバイスを求めると、「魚のアタリがティップ(穂先)に乗る前に察知して、アワセを入れてあげないとフッキングは難しい。ティップに乗った瞬間に違和感で(ニジマスが)ルアーを離すのですよ。そのためには、ラインでアタリを判断するのです」(尾崎さん)。尾崎さんの話では、リーリングしていると、糸がフケる瞬間があるとのこと。ニジマスがスプーンをバイトすると、リーリングの速度よりも速く泳ぐので若干の糸フケが出るとのことだ。何度もチャレンジした結果、何とか1匹を掛けることができたが、管理釣り場の奥深さを垣間見たように感じた(なお、活性が高い時は向こうアワセでフッキングすることもあるので、初心者の方は恐れずに)。

最後に、管釣りで重要なレンジについて。ハイプレッシャーの管理釣り場では「10㎝刻みでレンジを探る」と言われている。実際、尾崎さんもそんなイメージで普段は釣りをしているらしいが、「十文字フィッシングゾーン」では魚がスレていないので「1m刻み」で十分とのこと。「十文字フィッシングゾーン」では20〜30㎝級のニジマスがメインになるが、6月1日のオープンを前に、50㎝級を大量放流するとのこと。「現地には管理人が常駐していないので釣行される方は必ず、事前連絡をして下さい。まだ池だけで他の施設の準備が遅れていて不便ですが、まずは様子見がてら、釣行されてはいかがでしょうか」(管理人)。別府市で遊び場が新たに増えて、休日が増々忙しくなりそうです!

別府市大所
TEL 090-2390-8549(事前予約が必要)
営業時間:7時〜18時(4〜10月)
1日券:4,200円(5匹まで)
半日券:3,150円(3匹まで)

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード